磔刑の雷樹

ブラステッド・ツリー
作品名:Fate/Apocrypha
使用者:バーサーカー(= フランケンシュタイン)、第二のフランケンシュタイン(擬似宝具)

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する術技。
宝具のひとつ。形状は雷。
乙女の貞節のリミッター解除




能力についての詳細

基本性能

宝具のランク D~B
種別 対軍宝具
レンジ 1~10
最大捕捉 30人
宝具による効果 拡散雷撃、フランケンシュタインの怪物の生成

雷撃

  • 乙女の貞節もしくは特定条件を満たすことで可能な全力放電
    • 全てのリミッターを解除して行われ、対象を追尾する拡散雷撃。
『乙女の貞節』を地面に突き立て、全リミッターを解除して行う全力放電。
聳え立つ大樹のシルエットで降り注ぐ、拡散ホーミングサンダーである。
敵が単体かつ近距離であれば“乙女の貞節”がなくとも発動可能。


使用者との関連性

死ぬ

  • 本人は焼き切れて死ぬ
    • 低確率で同じく第二種永久機関を有するフランケンシュタインの怪物が生まれる。
リミッターによって制御されているが、解除した場合の威力は絶大。
ただしその場合、使用者は完全に活動を停止する。つまり『死』である。
この雷撃は、低い確率で第二のフランケンシュタインの怪物を生む可能性
がある。もっとも、死亡する彼女はその結果を見ることができない。

第二のフランケンシュタイン

  • 本家の真似事
    • 威力は低いが死なない放電と化している。
ジークは紛れもなく、フランケンシュタインの〝何か〟を嗣いではいるが、決してそのも
のではない。未熟故に、ジークは生き残った。

元ネタ

ヴィクター・フランケンシュタイン
元々パラケルススやアグリッパ等のオカルト混じりの科学に傾倒していたフランケンシュタインは
落雷のあった樹とそれをガルバーニ電流を用いて説明する人物と出会い、自然科学に興味を持つようになった。


関連項目

磔刑の雷樹の術技分類。

この宝具を発動させるための宝具。

関連タグ


リンク