獣王の巣

じゅうおうのす
作品名: 月姫 , Melty Blood シリーズ
使用者:ネロ・カオス(=フォアブロ・ロワイン)

奈須きのこ作品に登場する魔術の1つ
混沌の固有結界。 666の生命の因子が混濁し渦を巻く混沌の世界でると同時にネロ本人の体 でもある。




能力についての詳細

内部の生命因子を使い魔の如く使役する。

獣はネロと同意であり同位。本来従者である使い魔が、ネロと同格、ネロ=使い魔、という存在にもなっている。
種類の特定
  • 幻想種や小動物といった強弱、種類など、ある程度の特定して召喚することが可能。
    • しかし、形状は現界の瞬間に決定しているため、何が出るかはネロ本人にもわからない。
  • 全ての獣は通常種よりも一回り大きく、強化されて召喚される
全方位への監視・迎撃能力
  • 体内の獣たちが常に全方向を見張っているような状態にあるため死角というものが存在せず、不意打ちは通用しない。
  • また獣達は危険だと判断すると勝手に迎撃することが可能
実際の生命の系統樹
  • 666という数はあくまで「因子」であり、それをもって小規模な生命の系統樹を再現しているため、現れる生物の「種類」は
    666という数以上のもっと多数にわたる
    • 因子を2つ以上用いた合成獣を作ることも可能

不死性

  • 放たれた獣は普通に殺されても混沌に戻るだけで、獣の因子そのものは失われず、ネロの体に戻せばまた復活する。
  • 殺すには666の生命因子全てを一気に葬る必要がある。

その他

  • 自身の体内を固有結界としているため、世界への影響力が少ない。
    • 世界側からの抑止力による修正を受けないという特性がある。

欠点

自我の消失
  • 前述どおり、大量の生命因子を同格で取り込んでいるため、術者本来の人格は薄れていく。
  • いつか人格が無くなり、ただの「混沌」と化す

飲み込める限度
肉体が「 」に繋がっている「両儀式」を取り込んだ時は、「 」は混沌に取って最悪の猛毒らしく身体が保てなくなり、自滅する模様。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
「ぬ、混沌(からだ)が、崩れる……!?
空識———アマラに至っているのか、
この肉体は……! ぬかった、
最悪の毒を飲んだわ……!」

元ネタ

666

新約聖書の『ヨハネの黙示録』に見られる獣の数である666はネロの別名であるネロ・ケーザル(カエサル)を意味するとされる。
これは、ネロ・ケーザルはヘブライ文字ではNRVN QSRと表記し、それぞれ50、200、6、50、100、60、200の数を意味し、
合計すると666になるためである。


関連項目


関連タグ


リンク