恐夜影獣

フライトナイト
作品名:Vermillion -Bind Of Blood-
使用者:ジョージ・ゴードン・バイロン

Vermillion -Bind Of Blood-に登場する能力。
自分の再生力と引き換えに巨大な影の獣になる

+ 祝詞




能力についての詳細

影獣化

  • 影の巨獣になる
    • 人の輪郭は無くなり二周り巨大なものになる。
そう。それは目を疑うばかりの超常の怪奇——黒衣の麗人を形作る輪郭その
ものがあやふやとなり、優に二周り以上は巨大化したのだから。
  • 巨大な牙を持つ
    • 小さなビルを噛み砕けるほど巨大。
それはただ、黒い影でしかなかった——ただし、規格外に巨大な牙と顎を持っていた。
その巨きさは、優に小さなビル程度なら貪り砕くまでの。

生命変換

  • 生命力を全て攻撃と体躯に変換する
    • 耐久力が落ちる反面、攻撃力が上がる。
絶対不死の城壁たる超速再生……その源泉となる血の膂力は、今は軍勢となって出払っている。
即ち奴の変化体と増大した攻撃力——それが外部へ流出している限り、再生能力は低下し
たまま。


使用者との関連性

急所の隠蔽

  • 縛血者の急所である心臓の位置が判らなくなる
    • 人の輪郭がないため臓器の位置が判別できない人
唯一絶対の急所たる心臓の位置さえ、今やその全体像からは類推できない。

狂人塔楼の強化

  • 影の射程が伸びる
    • 巨大化した分だけ影の射程が伸びた。
奴が巨大化を果たした分、この閉鎖空間における俺たちの移動占位は限定される。反比例
して奴の保有する影の触手の射程は拡張されていた。


元ネタ

フライトナイト(英:Fright Night
1985年のアメリカ合衆国で制作されたホラー映画。
キャッチ・コピーは「闇夜 それは人間のものではない」。



関連項目

使用者のもうひとつの賜力。

関連タグ


リンク