断つべき命の終わり

フェリング
作品名:緋剣のバリアント
使用者:アーカイルド=テンゼン、アーカイルド=テンゼン&ニキ=ミスクライラ(真解放、終わりなき命の円環使用時)

緋剣のバリアントに登場する術技。
害のある生命を滅ぼし、新たな命に転生させるバリアントの術技

+詠唱
バ リ ア ン ト
《断ち切る者》の名において誓う──

全ての生命に折り合いを───滅びから新たなる誕生への循環を───


+完成形
シシーム・ロ・ラムダ・アルサ・ロ・ウスフィム
彼女のために彼の者は歌う

ファイ・ロ・モリア・ブルリラ・ロ・フロウ
陽光は暖かく、風の音は柔らかく

リュラル・レ・キークス・ロ・ロップス
花の香りは甘く、実は撓む

コウサス・ロ・リム・シ・ロムレア
彼女のために彼の者は歌う

セセル・シム・レ・エイマ・テイリス
優しい音色の、森の歌


+終わりなき命の円環
バ リ ア ン ト
《断ち切る者》の名において誓う──

ハーツ・ロ・セ  リシュアル・ラ・ノウト・ガラク
我は命の泉。 消えゆく魂を飲み干し、永遠の円環を創りし者

全ての生命に折り合いを───

ジェイアス・シ・セマ・イリューア
誓いと成してその身に刻み

滅びから新たな誕生への循環を───

メルア・ライラ・セル・リ・クラウジア
今、世界と我等を繋ぎ留める

揺るがぬ想い、ただ一点のみに乗せて

───一心不乱に打ち下ろす





通常発動&完成形

発動時の形容

  • 緋剣の刀身に大樹ほどの大きさの光柱を形成する
    • 使用者の周りには熱風が吹き荒れる。
 詠唱に合わせて、彼を中心に熱を帯びた風が吹き荒れる。
 溢れる光は刀身に集まるように凝固し——大樹にも及ぶ長大な剣の様相を形作った。

輪廻転生

  • 害ある命を分解させ新緑に変える
    • 生命に宿っていた魂自体は分解されない。


終わりなき命の円環

発動時の形容

  • 緋剣の切っ先から火柱が立つ
    • 火柱は途中で枝分かれして大樹の形を形成する。
 掲げた剣の切っ先から緋色の火柱が上がる。
 火柱は垂直に昇り、途中で分岐するように分かれて、大きく拡がった。

輪廻転生

  • 滅ぼすべき命や害悪を分解して新緑にする
    • 使用者にとって対象外の存在は分解されない。
 天に昇る緋色の大樹が弾けるように散ると、街全体を淡い光が包み込んだ。
 上空に停滞していた無数の黒点は例外なく光の粒子へと分解され、淡雪のように地上へ
降り注ぐ。光の雪が落ちた場所からは新たな緑が息吹き、一度は焼かれた大地を瞬く間に
修復していく。



関連項目

断つべき命の終わりを使用時に使う武器。

断つべき命の終わりを完成させるために必要な言語。

関連タグ