祁凱虫

ぎがいちゅう
作品名:緋剣のバリアント
使用者:アビ=トランズフェスト、司教(男)、司教(女)

緋剣のバリアントに登場する存在。
生物と分子レベルで同化して操る生物兵器




存在についての詳細

対自然用生物兵器

  • 分子レベルで融合し存在そのものを乗っ取る
    • 品種も変異し、色や強度、成長速度など生体の特徴が変わる。
「こいつ等は非常に厄介な生態の持ち主でね。他の生き物の体内に潜り込み、細胞レベルに
分化したのちに同調、その存在そのものを根本から乗っ取ってしまう。乗っ取られた生き
物は全く別の品種に造り変えられ、異常な突然変異をきたす。前にも増して大きく、強靭
な体となってさ。(以下略)」
  • 生命力と繁殖力が高い
    • 無数に群れて、同化して操っているものの生命力を高める。
「……でも残念。祁凱虫はその気色悪い生態に加えて、異常な生命力と繁殖力が売りなん
だ。何匹殺したって無限に湧いて出てくるよ」

祁凱虫の武器化

  • 肉体の一部を祁凱虫と同化させて使役する
    • 完全祁凱虫人間の実験から派生した能力。
      • 生命力は完全祁凱虫人間より低い。
改造部位 効果
強力な怪腕となり、無数の針を射出できる
祁凱虫の群れを操る


完全祁凱虫人間

来歴

  • 祁凱虫と融合した人間
    • 死体であるはずの人間が祁凱虫と融合して異生物化した。
      • 肉体も精神も祁凱虫と同化している。

物質変換

  • 吸収したものを変換できる
    • 損壊した自分の肉体を再生できる。
 濃い緑色をした平たく細い無数の物体が、傷口から生き物のように這い出てくる。それ
は水草だった。彼が右手や首の傷から『食った』大量の水草。

(中略)

 絡み合った水草は、彼が失ったはずの左肘から下の腕を再生させた。


鎧化

  • 有機質な黒い鎧を纏う
    • フォルムは人の筋肉を思わせるかたち。
    • 両手に鉤爪を持つ。
    • 頭部は縦長で八つの眼を持つ。
 しなやかな曲線美を描く無駄のないフォルムは、金属というより、人の筋肉を連想させ
た。両腕の先端に鋭利な鉤爪、縦に細長い球体の頭部には左右に四つずつ切れ込みが入っ
ており、八つの無機質な瞳がその奥で鈍色の光を放っている。
  • 接触するものの生命力を食い潰す
    • 金属であろうと〝寿命〟にあたるものを喰らって破壊する。
 アークの握る緋色の剣が、接触するアビの腕から生命力を食われ、罅割れ始めた。



関連項目

祁凱虫と霊樹の欠片で作り出された生物兵器。

祁凱虫から作られた武器。

関連タグ