緋剣のバリアント > 世界観

著者:小山タケル
イラスト:マニャ子



プロローグ(あれば)

この大陸では《神籬》と呼ばれる神聖な力が
宿った霊樹を崇拝し信仰している──

「世界の至宝」と呼ばれ、世界の根幹である霊樹の声を聴け
る霊樹師の少女ニキは、霊樹《イリューネ》の調査に訪れた
地で、奇妙な武器を持つ赤髪の少年、アークに出会う。
しかもアークは、自らを《バリアント(断ち切る者)》と名乗
り、世界の頂点、国家の集合体である国家連合からの依頼で
イリューネを伐りに来たとニキに言い放ち…?

世界規模

大きさ

  • 単一宇宙×1
    • 基本世界(単一宇宙×1)

時間軸

全て統一されている。

舞台

国家集合区・第三都市フィルファ
国家連合の本部がある都市。霊樹師を養育する学院がある『霊樹師の街』
霊樹『メルアリス』が根を下ろしている都市。

ルディオ
登場する国家のひとつ。
ルディオの片田舎に霊樹『イリューネ』が根を下ろしている。

デディウン
登場する国家のひとつ。
デディウン最南端の貿易都市《レインガーデン》に霊樹『シュレイド』が根を下ろしている。


登場する用語

人物の特性に関する用語


武具や能力、術技に関する用語


その他用語

バリアント(Variant
森を切り倒すことを目的とする職業、ないしその役割を担う一族のこと。
作中ではアーカイルド=テンゼンがこれに該当する。
英語で「異なるもの」、「変異体」という意味。

霊樹師
国家機関に霊樹に関する活動を認められた者。
養成機関などで教養や技能を培う。

国家連合
消費資源量削減を定めた《大陸法》や自然との共生を戒律とする
『慈悲深き女神の教え』(ミスティア)を広めた国際連合。

教会
人間こそ神の最高の披造物であり、人の形をした神の偶像を崇める宗教団体。
《大陸法》などにより、自然が栄えて人類の貧富の格差が広まったことに怒り、自然の守護者である霊樹の伐採を試みる。

登場人物とその能力・武器・術技

ニキ=ミスクライラ
アーカイルド=テンゼン
イリューネ
ティディ=アグカルト
メルアリス=フルブリース
アビ=トランズフェスト
司教(男)
司教(女)
《聖女》
エミリア=レルフ

能力の強さ・戦力ツリー

+精神攻撃ツリー

精神ツリー

+精神攻撃・耐性1
  • 神籬の精神同調(精神攻撃1)
    • それに耐えるアーカイルド=テンゼン(精神耐性1)


+能力無効化ツリー

能力無効化ツリー

+能力無効化・能力無効化耐性1


+悪性耐性ツリー

悪性耐性ツリー

+悪性攻撃・悪性耐性1
  • 祁凱虫による身体侵食(悪性攻撃1)
    • 祁凱虫に侵食された部分も祁凱虫も纏めて浄化する断つべき命の終わりの通常発動(悪性攻撃耐性1)
+悪性攻撃・悪性耐性2



+消滅ツリー

消滅ツリー


+消滅攻撃・消滅耐性1




関連項目


関連タグ


リンク