第七聖典

だいななせいてん
作品名: 月姫 , Melty Blood シリーズ
使用者:シエル
呼称 :教会所蔵「転生批判外典」、転生批判の完全数にして世界の矛盾(しみ)を撃ち抜く主の鉄槌

奈須きのこ作品に登場する武装の1つ
シエル先輩が埋葬機関から所有を許されている 「転生批判」の概念武装
形状はパイルバンカーでロケット砲も内蔵している。
セブンという守護精霊が憑依している。
Melty Bloodなどでは魔術を用いて服への擬態も行っている。




対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
MBAAシエルストーリーモードに次のセリフが存在する。
「これは切り取られた未来。ごくわずかだけ私が
 演算し運び込んだ、世界の染みにすぎない。」
  • 黒幕が擬似霊子理論(ムーンセル)によって演算した世界の行き着く未来を持ってきて一部の現実を塗り替えた。
    • 空想具現化ではなく現実が空想に封じ込められる術という矛盾

製造過程

およそ千年前、幻想種である一角馬が臨終した際にその「角」の自然霊と人身御供とされた人間の少女の霊を融合させる事によって誕生。
融合した霊は守護精霊となって宿っており、セブンと呼ばれる
  • MBAACCの完全武装シエルセリフで「千年生きた純潔の角」と呼ばれている。
儀礼用のアイテムが武器として使用されることとなり、槍やら杭となったが、近代化にあわせて銃剣に、
現在はシエルの趣味でミサイルランチャー付き大型パイルバンカーに改造されている。
  • MBAACCのアルクェイドの勝利セリフに「色々削ぎ落として単一化した」と言われている。
    • ミサイルランチャー内臓パイルバンカーよりも複雑な武装だったらしい。

能力についての詳細

兵装としての基本性能

  • 総重量60kg(無オプション時)
  • MBAACCでミサイルランチャーを内臓していることが分かった。
    • 完全武装シエルの必殺技「ヴァージンペイン」、EXエッジ「オリフラム・コンサート」で12発のミサイルを発射する。
    • キャラクターマテリアルではガトリング砲などのオプションが付くらしい。
  • パイルバンカーの威力は物理攻撃だけでも吸血鬼を殴殺できるものになっているらしい。
    • 完全武装シエルのセリフで「頭から鎖骨まで一撃で砕く」といわれている。
    • 完全武装シエルのストーリーでリーズバイフェとの死闘の末、で正式外典「ガマリエル」の破壊に至らなかったと自供している。
  • 転生能力者に限らず、 霊的ポテンシャルの高い存在に対しては高い攻撃力を持つ
    • 上級霊への攻撃可能。
    • ただし、低級霊への攻撃が可能かは不明。
    • まともに攻撃を受ければ魂そのものが霧散してしまうらしい。

転生批判の概念

  • 霊験あらたかな獣(一角獣)の角を使用している概念武装
 シエルが所有を許されている概念武装。
 転生というものが協議にはない基督教が作り上げた、転生批判の鉄槌である。
 (中略)
 もともとは魂を食べる、と言われていた霊験あらたかな獣を仕留めて、その角を鍵として利用したもの。
  • 角の表面には転生を批判する文句が刻まれている。
角の表面にはびっしりと『転生、かっこわるい』という文句が刻まれている
  • 月姫では無限転生者を粉砕し、魂を消滅させた。
    • その結果、所有者と無限転生者の因果関係が消滅した。
「今度こそ終わりです、アカシャの蛇。
 第七聖典は貴方の魂を打ち砕いた。
 歪んだ教義の果ては、光のない地の底と知りなさい。」
  • MBAACC完全武装シエルが無限転生者に対して放ったセリフ
「貴方に次の生はありません。
 死の腕は今度こそ、その蛇身を捕らえきった。」

稼動制限

魔力消費

  • MBAACCで完全武装シエルのストーリモード-エンディングで第七聖典の常時起動に必要なコストが判明している
  • 魔術師が一チーム分の魔力=シエルの半年分の装備と魔力
  • シエルは通常の魔術師の100倍に匹敵する魔力の貯蔵量と破格の生成量を誇る。
    • タタリの一晩だけ常時起動するだけでシエルの半年分の魔力が無くなる。
シエル「あのですねぇ。
    今回、私がどれほど無理をしたか分かってます?
    貴女の常時起動なんて、魔術師が一チーム必要でしょうに。
    ええ、ここ半年備蓄していた
    装備も魔力も使いきりましたとも。」
  • 起動状態でなくても常時魔力供給が必要。
    • 供給する魔力量は節約できる。
シエル「貴女への魔力提供もしばらく節約しますから。
    具体的には一日につき
    角砂糖一個分のカロリーと思ってください。」

制御刻印

  • 名称は第七聖典制御刻印
  • 所有者の体にに刻まれた、翼だとか十字架だとかで構成された模様の事を指している。
  • 型や背中に描かれており、胸の部分以外は刺青ではなくてペイントらしい。

守護精霊セブンについて

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
   スペル:Seven
   誕生日:3月20日/6月20日(聖典に祀られた日)
   身長:145cm/体重:38kg
   スリーサイズ:B67/W53/H74
   CV:戸松遥
別名ななこ。
容姿は人間と馬の半獣半人。基本的には人間と変わらないが、手首と足首の先が馬のそれであり、尻尾も生えている。
かつて、魂を食べると言われた一角獣の精霊(動物霊)と、それに捧げられた少女の魂が融合した、人造の守護精霊。
一角獣(馬)であった頃の名残か、野菜、特に人参が好物。
  • 聖典として祭り上げられてから千年近く経っている
  • 精霊として実体化したのは今代のマスターであるシエルが初めて。
  • 「第七聖典の守護精霊」であって、「第七聖典の持ち主の守護精霊」ではない。
  • 人格が存在するがシエルに改造されて性格骨子が少々歪んでしまっている。
  • セブンは精霊であるため、聖典に拠るもの以外の特別な能力は持たない。
    • 霊感がなければ見えないし、基本的に触ることもできない。
  • 歌月十夜では一般男子生徒が知覚出来ていたが、それは彼の血が第七聖典に付着したがゆえに知覚できたのであり、拭き取ったらあっさり見えなくなってしまっている。
  • MELTY BLOODのシエルの勝利セリフでは法衣を裁縫できることが判明している。
シエル「……また法衣を破っちゃいました。
    まいったなぁ、今月はこれで七着目だっていうのに……
    セブン、裁縫は任せましたよ。

元ネタ

7
聖書において完全なもの、完璧なものを表す。
神を意味する"3"(三位一体)と世界を意味する"4"を足したもの。
基本的に良い意味で使われるが、意味が逆転する場合もある。(七大悪魔、七つの大罪など)


関連項目


関連タグ


リンク