霊樹(緋剣のバリアント)

作品名:緋剣のバリアント
用語分類:種族分類

緋剣のバリアントに登場する用語。
《神籬》と呼ばれる精霊を宿すことで森を豊かにする樹
現身の創造や異能の行使など超自然的な能力を持つ。




詳細

森に豊穣をもたらす大樹

  • 《神籬》を宿す樹
    • 周囲の自然を育み、生命の均衡を保つ。
 大陸に数えて七本のみ存在する『霊樹』は、神籬と呼ばれる神秘の生体をその身に宿す
ことで、近隣に生息する生命の均衡を保つ。

情報収集

  • 大陸で起きた事象を知り尽くす
    • 風によって運ばれて教わるらしい。
「うん。この大陸で起こったことなら、大抵は風が運んで教えてくれる。ウチら神籬に、知
らないことなんてほとんどあらへん」

  • 霊樹ごとに司る能力を持つ
霊樹 効果
イリューネ 豊饒 肥沃な大地を形成する
シュレイド 慈愛 生命の一切から疫病を払う
メルアリス 人を監視し、過去の出来事を伝える


霊樹の子

霊樹の分身体

  • 神籬の肉体を定着させるための肉人形
「そこのフラスコに入ってるのはその試作品です。湖の上から伸びてきている霊樹《シュレ
イド》の根に付着した、神籬の欠片で生成した分身体ですよ。教会の一部の者達は『霊樹
の子』とか読んでいるらしいですけど。(以下略)」

形態変化

  • 大樹の形態に移行できる
    • 顕現時は肉を突き破り霊樹が生えてくる。
 瞬間、頭を抱えてしゃがみ込んだ彼女の背肉から、野太い樹の根が食い破るようにして
顕現した。
 大きくうねり、渦巻き、地を這う根は、部屋の中にある物を片っ端から破壊し、急速な
成長を遂げる。


戦闘能力

生命力操作

  • 周囲の森の生命を育む
    • 逆に外敵からの自衛のために周囲から生命力を吸い上げるパターンもある
 言ってしまえば、霊樹はあくまで『森を肥やす者』。
 霊樹が枯れ果てたからと言って、森自体が死滅するわけではない。

精神同調

  • 対象と精神を同調させる
    • 怨恨があれば対象の精神を破壊しにかかる。
 アークのその一言を聞いて、ニキは自分が神籬と精神的に同調していたのだと気付かさ
れた。


元ネタ

神籬(ひもろぎ)
神道において神を迎えるための依り代となる木。
「ひ」は〝神霊〟、「もろ」は〝天下る〟、「き」は〝木〟を意味し、
神霊が天下る木=依り代となる神木の意味となる。
元々は日本神話の「天孫降臨」において高御産巣日神(高木神とも呼ばれる樹神)が
天津神籬と天津磐境を起こし樹(た)てて、祭らせたことが始まりとされる。


関連項目

霊樹と対話を可能にする森の言霊


関連タグ


リンク