森の言霊

作品名:緋剣のバリアント
用語分類:術技分類

緋剣のバリアントに登場する用語。
意思を持つ自然と人間が対話する言語




詳細

来歴

  • バリアントが編み出した自然を弔う詩
    • 人間の裏切りと心の摩耗の果てにバリアントの一族は詩を忘れた。
      • 時間と共に詩とが分離し現在に至る。
    • 詩自体はバリアント以外の人間にも普及し、霊樹師たちが伝承した。
「その通り。『森の言霊』の源流……元を辿れば、それはバリアントがボク達のために紡い
だもの」

自然の言語

  • 自然の意思を人間の言葉にしたもの
    • 翻訳して人間の意思を自然に伝えることも可能。
      • 言葉に応じた自然が自然現象を発生させ、使用者を助ける。
 だが、自然だって己の意思を持たないわけではない。風の唸り、木の葉のざわめき、小
川のせせらぎ、それら些細なものに耳を傾けてみると、拾える『意思』が確かに存在する。
 その意思を漏らすことなく拾える稀有な才能の持ち主こそが、『霊樹師』であり、自然の
囁きを人間の言語に置き換え、紡がれるものが『森の言霊』である。
  • 一般人には何の言葉か理解できない
    • 音色や祝詞のようにしか聞こえない。
 不意に、彼女の口元から人の言語とは思えない不可思議な音色が奏でられた。
 それは言葉のようでもあり、祝詞のようでもあった。



関連項目

森の言霊一覧


関連タグ