怪力乱神を持つ程度の能力

かいりょくらんしんをもつていどののうりょく
作品名:東方地霊殿
使用者:星熊勇儀

東方シリーズに登場する能力。
詳細不明な能力
The Grimore of Marisaの鬼符「怪力乱神」の項目では
奇天烈な力でその場を弾幕で包み込む と説明されている。




能力についての詳細

詳細不能

  • 詳細は語られていない。
    • 理解不能な仕組みで弾幕を操る能力?
The Grimore of Marisaの四天王奥義「三歩必殺」では
どういう仕組みかは判らないが勇儀が足を踏みならす度に、彼女が一歩で行ける範囲に弾幕を高密度で埋め尽くす技。


元ネタ

怪力乱心
「怪」異・勇「力」・悖「乱」・鬼「神」の四つを指す語。
理屈では説明しきれないような、不思議な現象や存在のこと。
怪異(かいい) 現実にはありえないような、不思議な事実。もしくは化け物、妖怪を指す
勇力(ゆうりょく) 強い力、優れた力を指す
悖乱(はいらん) 道理に逆らい、正道を乱すこと。外道の行い
鬼神(きじん) 荒々しく恐ろしい神もしくは、化け物。古代では天地万物の霊魂。死者の霊魂と天地の神霊も指す。
仏教用語では。超人的な能力をもつ存在の総称である。

子不語怪力亂神(子、怪力乱神を語らず)
『論語』にある文章。孔子は、怪と力と乱と神については、話されなかった。
つまりは賢者は人知では推し量れない物事、説明のつかない物事を知ったように語らず教訓としないと言う意味。



関連項目



関連タグ


リンク