起源弾

作品名:Fate/Zero
使用者:衛宮 切嗣

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する武器。
自分の肉体の一部を削って作った弾丸。
自分の魂の起源を相手にぶつける弾丸




武器についての詳細

起源弾

  • 肋骨から作り上げた起源をぶつける魔弾
    • 肋骨の骨を凝集させて弾丸にしたもの。
      • 被弾したものに対して肋骨の持ち主(使用者)の起源を発現させる。
 己の礼装を作製するにあたり、衛宮切嗣は持ち前の特異極まる〝起源〟を最大限に活用
した。彼の脇腹の第二一肋骨は左右ともに切除済みである。摘出された骨は粉状に摺り潰
してから霊的工程で凝縮され、四九発の銃弾に芯材として封入された。
 この弾丸で〝撃たれた〟対象には、切嗣の〝起源〟が具現化する。


使用者との関連性

『火』と『土』=『切断』と『結合』の起源

  • 弾丸がぶつかった相手の部位を変質させて破壊し再起不能にする
    • 生物であれば神経や毛細血管、魔術師であれば魔術回路が断裂する。
      • 破壊対象がどれだけ励起されているかで破壊の規模が変わる。
(前略)。つまり〝切って嗣ぐ〟 という行為は、対象に不可逆の〝変質〟
をもたらす。



関連項目

起源弾を使うにあたって魔術礼装に改造した銃。

関連タグ