神座

作品名:Dies irae神咒神威神楽
用語分類:用語(場所)
別呼称:王冠、座、太極

神座万象シリーズに登場する用語。
宇宙の森羅万象を統べる神の座
神格のみが到達できる超次元空間に存在する。




詳細

来歴

  • 星間戦争時代のテクノロジーから生まれた産物
    • ワープ理論から「時間跳躍」、「宇宙の結合」から生まれた副産物。
ただ、初代の頃が星間戦争クラスで、神座システムはこの時代のテクノロジーが生んだものとしています。

神座闘争

  • 挑戦者が神座まで向かう
    • 挑戦者の理と現神の理を衝突させて神座までの特異点を作り出す。
    • 現神の方から向かう、迎え入れるということは不可能。
 神対神の戦いとは、まず挑戦者側——ここでは夜刀がそ
の太極を流出させ、そえを王者側である現神が迎え撃つという
形で始まる。
ただ、初代の頃が星間戦争クラスで、神座システムはこの時代のテクノロジーが生んだものとしています。ゆえに原則、神様交代劇を続ける
限りこの時期を超えるような文明、つまり技術は生まれません。
  • 支配している魂の奪い合い
    • 覇道神間の闘争では現世界における魂を奪い合う。
      • 相手の保有している魂を領域ごと奪い、獲得した分だけ自身の存在強度を強化する。
 覇道と覇道の鬩ぎ合い。理屈として、相手の領域を奪った側にはより多く
の魂が加算されて、強化される。

森羅万象を統べる神座

  • あらゆる物理現象を引き起こせる
    • 支配している宇宙全域を操作し、任意の現象を引き起こす。
 神座とは宇宙であり、その法則に他ならない。ゆえにあらゆる物理現象を
容易く起こすことが出来るのだが、彼は歴代でも特筆すべき異例の渇望を有
していた。
 “座”時間の概念が存在しない。流出した己がその果てに流出を行うと
いう矛盾すら認められる。

歴代覇道神の登録

  • 神座に深く関わりのあった歴代覇道神を記録する

+ 二元論

+ 堕天奈落

+ 明けの明星 天道・悲想天

+ 水銀の蛇・永劫回帰

+ 修羅道・至高天

+ 黄昏の女神・輪廻転生

+ 永遠の刹那・無間大紅蓮地獄

+ 波旬・大欲界天狗道

+ 八百万・天照坐皇大御神


関連項目

神座へ至れる存在。
神座を掌握できるのは神の中でも覇道の理を持つ存在のみ。

神座掌握者が挑戦者へ放つ殺意。
神格でなければ消滅する。

関連タグ


リンク