神座

作品名:Dies irae神咒神威神楽
用語分類:用語(場所)
別呼称:王冠、座、太極

神座万象シリーズに登場する用語。
宇宙の森羅万象を統べる神の座
神格のみが到達できる超次元空間に存在する。




詳細

来歴

  • 星間戦争時代のテクノロジーから生まれた産物
    • ワープ理論から「時間跳躍」、「宇宙の結合」から生まれた副産物。
ただ、初代の頃が星間戦争クラスで、神座システムはこの時代のテクノロジーが生んだものとしています。

神座闘争

  • 挑戦者が神座まで向かう
    • 挑戦者の理と現神の理を衝突させて神座までの特異点を作り出す。
    • 現神の方から向かう、迎え入れるということは不可能。
 神対神の戦いとは、まず挑戦者側——ここでは夜刀がそ
の太極を流出させ、そえを王者側である現神が迎え撃つという
形で始まる。
ただ、初代の頃が星間戦争クラスで、神座システムはこの時代のテクノロジーが生んだものとしています。ゆえに原則、神様交代劇を続ける
限りこの時期を超えるような文明、つまり技術は生まれません。
  • 支配している魂の奪い合い
    • 覇道神間の闘争では現世界における魂を奪い合う。
      • 相手の保有している魂を領域ごと奪い、獲得した分だけ自身の存在強度を強化する。
 覇道と覇道の鬩ぎ合い。理屈として、相手の領域を奪った側にはより多く
の魂が加算されて、強化される。

森羅万象を統べる神座

  • あらゆる物理現象を引き起こせる
    • 支配している宇宙全域を操作し、任意の現象を引き起こす。
 神座とは宇宙であり、その法則に他ならない。ゆえにあらゆる物理現象を
容易く起こすことが出来るのだが、彼は歴代でも特筆すべき異例の渇望を有
していた。
 “座”時間の概念が存在しない。流出した己がその果てに流出を行うと
いう矛盾すら認められる。

歴代覇道神の登録

  • 神座に深く関わりのあった歴代覇道神を記録する

+二元論
  • 第一天の理
    • 善と悪の二勢力に分けて殺し合わせる法。
      • 必ず善は生き残るが、悪は必ず強大であるため苦戦と敗北を強いられ、悪を滅ぼすことができない。
      • 善側には犯せぬ非道と制約が無数に存在する。
「ゆえにその者、天を二つに分断した。善なる者と悪しき者、
光と闇が喰らい合いながら共生する空を流れ出させた」


+堕天奈落
  • 第二天の理
    • 悪をもって悪を討つために全員に原罪を与える理。
「我が民たちよ、悪を喰らう悪となれ。一つでよい、その魂に
獣を飼うのだ」
「聖者の堕天——新たな理は、天下万民に刻み込まれた原罪と
して具現する。(以下略)」
  • 弱肉強食の世界
    • 力の多寡で決まるため、悪だけでは生きられない。
 結果的にこの座を象徴する色は赤だが、だからといって悪の
楽園では断じてない。


+明けの明星 天道・悲想天
  • 第三天の理
    • タイムパラドクスで第二天を駆逐した世界。
    • 罪悪に繋がる欲望や野心などを総てを排除した世界。
      • 神が算出した正しい生き方に従わせ、誰もが罪を犯さず平穏に生きてゆく絵に描いたような楽園。
      • 第三天の世界では全員が平等な権利や可能性を持ち、定められた善行を繰り返す。
 感情、発生、過程、未来までもが完全に管理、掌握された社
会構造。誰もが抱くはずの原罪を抜き取られ、日々を完全完璧
に悩みもなく、苦しみもなく、永劫穏やかに続けていく。

(中略)

 清らかであれ。罪を犯すな。我欲を捨てろ、正答に己が総て
を委ねるがいいと。訴えてくる強制的な干渉は、摩多羅夜行の
原罪を消し飛ばそうと目論んでいた。
 野心や欲望のない人間で構成された、理想的な管理形態。
  • あっさり退陣する神格
    • 神座に固執せず、他の神格に否定や敵対されるだけであっさり身を引く。
      • つまりは無責任。
 考え方があまりに論理的であり、その傾向が強すぎる人が
持つ誠実さを具現したような存在のため、醜く足掻くというこ
とや、譲りはしないという猛る想いがまるでなかった。


+水銀の蛇・永劫回帰
 ならばこそ繰り返す。願い求めた終わり以外を許容せず、そ
の他の終焉を妥協をせぬまま拒絶したのか。
 結果、幾度も世界はやり直される。勝者は再び擦り切れた勝
利を繰り返し、敗者は惨めに無限の苦痛を味わうのだ。
 仮に天敵が発生したとしても、気に入らねば討たれる前にや
り直してしまえばよいのだ。まさに完全。それこそ、拘りがな
ければ永劫続いたはずの願いだろうが——


+修羅道・至高天
  • 第四天の裏世界
    • 第四天の自滅因子として神格が流れ出させる世界。
    • 第四天を殺害するための存在であり、決して座を掌握することはない。
    • 新たな命が古強者によって喰われてしまうため、生産性が欠けている。
 精神面な能動性なら最も優れた者ながら、あまりに生産性が
欠けている。光が不滅で途切れぬがため、新たな息吹が生まれ
ても既存の光に喰われてしまう。それがこの太極の有する欠点
だろう。


+黄昏の女神・輪廻転生
  • 第五天の理
    • 第四天を抱擁することで回帰から脱した世界。
    • 他者を幸福にすることが自身の幸福に繋がる神の理。
      • 自由意思を尊重し、来世の幸福を約束する至上の理。
 それは悲想天も、回帰も、修羅道ですら変わらない、太極の
所有者、彼らの餓えや渇きを潤すべく覇道は常に流れていた。
 だというのに、これは何だ? 抱きしめることで幸福を感じ
るという願い、他を幸せにすることで自分もまた救いを感じる
のなら——それはつまり、非の打ち所がないということ。
  • 覇道共存
    • 存在する総ての覇道神(水銀黄金刹那)すら座に抱え込んだ
      • 神座の許容限界がきていた。
 誰一人見捨てず抱きしめたがるため、危険な因子さえ攻撃し
ない。
 水銀の蛇に黄金の獣、あと一柱をも抱え続けたのがいい例
だ。あれもこれもどれもそれも……膨大な質量を誇る神々、消
すこともなく組み込めばやがて器が飽和してしまう。
  • 誰も排斥しない
    • 誰も排斥しないために真の邪悪に滅ぼされた。
 さらに——徹底した非暴力主義と言えば聞こえはよいが、笑
顔で手を差し伸べれば万人総てが感謝するとも限らない。中に
は当然、手を振り払う恩知らずや、こちらの善意を否定する狂
人もまた存在しよう。
 それこそ、我欲に溢れたがため、女神の抹消さえ厭わぬ下衆
もまた生まれることになる。


+永遠の刹那・無間大紅蓮地獄
 日常を、友を、陽だまりを、愛を……壊れぬよう守り抜くべ
く奮起した輝かしい戦いの記憶。それこそがこの太極を生み出
した原風景。


+波旬・大欲界天狗道
原則、宇宙とは連綿と続く生命の誕生により魂が増え続け、膨張してい
くものなのだが、波旬の法下にあっては逆に宇宙が縮小していく。文字
通り、彼が最後の一人となるまで。


+八百万・天照坐皇大御神
  • 多種多様の価値観を許容する法
    • 互いに認め合い、神座からあぶれる者を無くす。
 多様性と成長性、心の在り方次第で如何様にも広がっていく
柔軟な概念。
 大切なのは人の多様な価値観を許容して、互いに認め合いな
がら共存を促すことと付け加え……そこに過去への継承と、未
来を信じた希望を託す。



関連項目

神座へ至れる存在。
神座を掌握できるのは神の中でも覇道の理を持つ存在のみ。

神座掌握者が挑戦者へ放つ殺意。
神格でなければ消滅する。

関連タグ


リンク