偽り写し記す万象

ヴェルグ・アヴェスター
作品名:Fate/hollow ataraxia
使用者:アヴェンジャー(= アンリマユ)

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する能力。
宝具のひとつ。形状は呪い。
己の傷を相手に共有させる呪い




能力についての詳細

来歴

  • ゾロアスターの教典の写本
    • オリジナルの“遍く示し記す万象”は下記参照。
「アヴェスター……? ゾロアスターの教典を宝具に、だと…
…!?」
「役にたたねえ写本だがな。(以下略)」

基本性能

宝具のランク ???
種別 ???
レンジ ???
最大捕捉 1人
宝具による効果 傷の共有

傷の共有

  • 相手に自分が受けた傷と同じ傷を持たせる
    • 魂に共有するため真っ当な手段では治癒不可能。
      • 治癒するには使用者の治癒が完了するか、例外的な手段で再生するほかない。
「(前略)ご明察の通り、今のは受けた傷を相手に返すだけの、この
世で最もシンプルな呪いだ。(以下略)」
  • 相手の霊的防御を無視する
    • 相手の対魔力を無視して成立させる呪詛返し。
 あくまで受け身な宝具だが、最大の利点は報復を“問答
無用で成立させる”という点にある。

発動条件

  • 死亡していないこと
    • 任意の発動であるため、即死すれば発動すらできない。
  • 一人の相手に対して一度しか発動できない
    • 複数の相手や一度かけた相手には発動できない。
 一人の相手に対して一度だけの使用であり、
呪いを行う術者がまだ死亡していない事。


遍く示し記す万象

全てを自動的に記録する

  • あらゆるものを言語化し、記録する
    • 本人の無意識的な感情なども捉えて記録する。
 アヴェスターとは、起きた出来事をひとりでに記録する
補助タイプの宝具である。

(中略)

 利点は言葉にならない感情、本人も気付いていない感情
を言葉として記録できるというコト。


元ネタ

アヴェスター(ペルシア:Avestā
ゾロアスター教(拝火教)の根本教典。
アパスターク(Apastāk)、アベスターグ(Abestāg)とも呼ばれる。
善悪二元論の神学、神話、神々への讃歌、呪文に関する教典であるが、紙のない時代だったため
全て口伝もしくは石碑であり、宗教的迫害による書物の散逸や口伝の消滅で大半が失われている。
以下の五部でなる
ヤスナ(Yasna 開祖ザラスシュトラ著作の祭儀書。
72章中17章は世界最古の韻文詩ガーサー(Gāθā)。
ウィスプ・ラト(Visp-rat 小祭儀書
ウィーデーウ・ダート(Vīdēv-dāt 除魔書
ヤシュト(Yašt 頌神書
ホゥワルタク・アパスターク(Xvartak Apastāk 日常で使用する祈祷文集


関連項目

遍く示し記す万象の能力分類

関連タグ


リンク