刺し穿つ死棘の槍

ゲイ・ボルク
作品名:Fate/stay night 、Fate/hollow ataraxia、Fate/EXTRA
使用者:ランサー(= クーフーリン)

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する術技。
宝具のひとつ。形状は刺突、もしくはその能力を発動させる投擲法。
因果の逆転、回復阻害の呪い、体内殲滅の効果を持つ刺突




武器についての詳細

来歴

  • ゲイボルクは毎回相手の心臓を貫いた伝承から編み出した宝具
 余談ではあるが、このゲイ・ボルクはランサーが自
己流にアレンジしたもの。
 本来のゲイ・ボルクは投擲宝具で、対人ではなく対
軍宝具である。

+ 槍の来歴

基本性能

宝具のランク B
種別 対人宝具
レンジ 2~4
最大捕捉 1人
宝具による効果 発動した瞬間に槍が心臓に刺さった結果となる呪い


因果の逆転

  • 心臓への必中という結果を過程に押し付ける
    • 真名を叫ぶと「心臓に槍が命中した」という結果を作ってから「槍を放つ」という原因を作る。
      • 結果が決まっているため回避が不可能。
      • 発動したと同時に「心臓を貫いたという結果」が成立しているため、所有者の状態に関わらず槍は自動で相手の心臓を貫く。
軌跡を変えて心臓を貫く、などと生易しいものではない。
槍は軌跡を変えたのではなく、そうなるように過程を変えたのだ。

補給なしで連発可能
  • 魔力消費も少なく、一対一ならば 六連戦しても魔力を補充しなくてよい
    • 対人戦に非常に効率がいい。
 このお手軽さで消費魔力は二桁程度。対人において
これほど無駄のない武装はあるまい。

回復阻害

  • 負わせた傷を回復不能にする
    • 真名開放していなくても発動する常時発動の呪い。
      • 槍か使い手のどちらかを破壊することで、解呪される。
ランサー「まあ単純に言ってしまえば、ゲイボルクによってつけられた
    傷は癒される事はない。
     呪いを受けたものは決して回復できず、死に至るまで傷を
    背負うことになる。———この世に、この槍がある限りな」

体内殲滅の特性

  • 突き刺した相手の活動を体内から停止させる
    • 心臓に被弾すれば千の棘となって相手の体内を殲滅する
本来ならなお零れるはずの吐血は、ただの一度きりだった。
男の槍は特別製だったのかもしれない。
血液はゆっくりと淀んでいて、壊れて血をまき散らす筈の心臓(ポンプ)は、ただの一刺しで綺麗に活動を停止していた。

+ 作中でこの槍を受けた者とその後

対策方法

  • 幸運
    • "決定された運命を曲げるほどの強運"があれば因果防御可能。
  • 死後復活
 ゲイ・ボルクから逃れる為には、バーサーカーのよ
うに一度死亡してから自動的に蘇る宝具か、槍の呪い
を撥ね退けられる高い幸運(LCK)が必要となる。
  • 槍を使わせない
    • 作中では動きを完全に封じるなどして発動させなかった。
  • 魔力防壁
    • 槍の呪いを超える防壁を持たせる。
 あの魔槍に対抗する手段があるとしたら、
 槍の魔力を上回る純粋な防壁を用意するか、
 槍によって決定された運命を曲げるほどの強運か、
 そも槍を使わせないか、のいずれかしかあるまい。
  • 代替の心臓を持つ
    • 平行変革機のように心臓となる道具を用意し、体内殲滅前に心臓を外す。


使用者との関係性

ルーンによる強化

  • 物理攻撃にルーンを相乗することで威力を強化する
    • 宝具の持ち主であるランサーがルーンの使い手であり、ルーンによる強化でランクAの宝具へと変化する。
    • Fate/EXTRAではルーンによる強化の一撃が行われた。
ラニ=Ⅷ「これは――
     ルーンの力を感じます。
     なるほど、爆発はその影響でしょう。」

     ルーン……?
     たしか、西欧で汎用的に使われる、
     簡略呪文だ。
     古くから使われていたもので
     最近は時代遅れと言われている、とか。

     (中略)

ラニ=Ⅷ「……この場合、物理攻撃に
     ルーンを乗せる英霊である可能性が
     高いと思われます。」


元ネタ

ケルト神話の英雄クーフーリンが愛用した武器。銛のような形状をしているとされる。
二頭の海獣「Coinchenn」と「Curruid」が争い、敗れた方の骨をつかってボルグ・マク・ブアインがこの槍を作り上げたとされる。
その後、影の国の女王スカアハによって若き日のクーフーリンに授けられる。


関連項目

刺し穿つ死棘の槍の術技分類。

同じ槍から発動する宝具。

元ネタのケルト神話に登場するゲイ・ボルグ。

関連タグ


リンク