突き穿つ死翔の槍

ゲイ・ボルク
作品名:Fateシリーズ
使用者:クー・フーリン、クー・フーリン[オルタ]

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する術技。
宝具のひとつ。形状は投擲法。
槍を投擲して一群を吹き飛ばす




術技についての詳細

来歴

  • 槍の一投で部隊を壊滅させた伝承
    • 無数の鏃が飛び出して敵勢を滅ぼした伝承を再現する。
  • 威力、形状はケルトの光神ルーの“轟く五星”(ブリューナグ)に近く、能力は“大神宣言”(グングニル)に近い。
    • 威力ならば大神宣言を超える。
ダメージ、形状、共にケルトの光神ルーの持つ“轟く五星(ブリューナグ)”に迫るが、「幾たび躱されようと相手を貫く」という能力から北欧
の主神オーディンの“大神宣言(グングニル)”よりの宝具と言えよう。

+槍の来歴
わだつみの如き威容、
竜巻を呼ぶ咆哮。
その名はクリード。
遠き海に在った偉大なる海獣。
魔槍「ゲイ・ボルク」はこの
怪物の頭蓋骨より削りだされたという。


基本性能


+突き穿つ死翔の槍
宝具のランク B+
種別 対軍宝具
レンジ 5~40
最大捕捉 50人
宝具による効果 絨毯爆撃


+抉り穿つ鏖殺の槍
宝具のランク B++
種別 対軍宝具
レンジ 5~50
最大捕捉 100人
宝具による効果 自壊を顧みない全力投擲による絨毯爆撃


絨毯爆撃

  • 鏃が分裂して絨毯爆撃のように面で吹き飛ばす
    • 英霊化したことで生前よりも鏃の分裂数が増えている。
 “刺し穿つ死棘の槍”と異なり、“相手の心臓を
必ず貫く”という概念的な特性はないものの、威
力・効果範囲共に増大している(魔力消費は激
しい)。対象となる相手の周囲を含めて攻撃す
る絨毯爆撃のごとき技で、強固な防壁があろう
と、軽やかに身をかわそうと、一団をまとめて
吹き飛ばすことが可能だ。伝説においては、魔
槍が30に分かれて降り注ぐとされているが、英
霊化後はさらにその数を増しているようだ。

自動追尾


威力

  • 熾天覆う七つの円環を破壊し尽くす
    • 七枚の花弁を貫通する(一枚一枚が城壁一枚の防御力に相当する。)
      • トロイア戦争時の古代城壁七枚分を貫通し英霊の片手をズタボロにする威力。


使用者との関連性

クー・フーリン[オルタ]

  • 自壊を顧みない
    • 右腕が千切れそうなほどの強さで投げる。
自動追尾する魔槍の投擲により、範囲内の敵を掃討する。自らの肉体の崩壊も辞さないほどの全力投擲であるため、通
常の召喚時よりも威力と有効範囲が上昇している。敵陣全体に対する即死効果があり、即死にならない場合でも大ダメ
ージを与える。


元ネタ

ゲイ・ボルグ
ケルト神話の英雄クー・フー・リンが愛用した武器
二頭の海獣「Coinchenn」と「Curruid」が争い、敗れた方の骨をつかってボルグ・マク・ブアインがこの槍を作り上げた。
その後、影の国の女王スカアハによって若きクー・フーリンに授けられる。 ゲイ・ボルグは銛のような形状をしており、
突き穿つ死翔の槍の能力は投げれば30の鏃となって降り注ぎ、突けば30の棘となって破裂する。という伝承を元に再現されている。

クー・フー・リン
ケルト神話の英雄。名前は「クランの猛犬」という意。



関連項目

突き穿つ死翔の槍の術技分類。

同じ槍から発動する宝具。

元ネタのケルト神話に登場するゲイ・ボルグ。

関連タグ


リンク