突き穿つ死翔の槍

ゲイボルク
作品名:Fate/stay night
使用者:五次ランサー
呼称 :刺し穿つ死棘の槍、突き穿つ死翔の槍

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する武器。
宝具のひとつ。形状は槍、もしくは投擲法。
複数の能力を持ち、 相手の心臓に必ず槍が刺さる能力炸裂し一撃で一群を吹き飛ばす能力 を持つ。ここでは後者を説明する。




武器についての詳細

基本性能

  • 魔槍ゲイボルクの対軍宝具としての能力。
  • 対象補足範囲は5m~40m
  • 最大補足人数は50人
  • 速度はマッハ2。

炸裂し一撃で一群を吹き飛ばす能力

  • 魔槍ゲイボルクの本来の使用方法。
  • 一人一人を刺し貫いていくのではなく、炸裂弾のように一撃で一軍を吹っ飛ばす。
  • 刺し穿つ死棘の槍とは違い、概念的な特性や運命干渉などは無い。
  • 何度かわされようと標的を捕捉し続ける。

威力
「熾天覆う七つの円環」と衝突した際は一度静止したにも関わらず最終的にはその結界を完全破壊し、標的であるアーチャーの片腕をズタズタにした。
  • 七枚の花弁を貫通する(一枚一枚が城壁一枚の防御力に相当する。)
    • トロイア戦争時の城壁七枚分を貫通し英霊の片手をズタボロにする威力。

使用者のとの関係性

宝具の持ち主であるランサーがルーンの使い手であり、ルーンによる強化でランクAの宝具へと変化する。

元ネタ

ゲイ・ボルグ
ケルト神話の英雄クー・フー・リンが愛用した武器
二頭の海獣「Coinchenn」と「Curruid」が争い、敗れた方の骨をつかってボルグ・マク・ブアインがこの槍を作り上げた。
その後、影の国の女王スカアハによって若きクー・フーリンに授けられる。 ゲイ・ボルグは銛のような形状をしており、
突き穿つ死翔の槍の能力は 投げれば30の鏃となって降り注ぎ、突けば30の棘となって破裂する。 という伝承を元に再現されている。

クー・フー・リン
ケルト神話の英雄。名前は「クランの猛犬」という意。



関連項目


関連タグ


リンク