龍脈殺し

作品名:相州戦神館學園 八命陣
使用者:壇 狩摩

相州戦神館學園シリーズに登場する術技。
地脈風水を操る術技

+ 詠唱




術技についての詳細

霊道操作

  • 地相学、風水、五行太極に通じた地脈の操作
    • 土地の霊道を塞ぎ、気を乱して土地の生死を操作する。
 それで完成。土行を通じ、相生導く金気の楔。五行太極を通じて陰気を操る堪輿の
業が、ここに成る。

(中略)

 霊道を断ち切り、気を乱すという均衡の崩壊。土地を枯らして災禍を招く、地脈殺しの外法である。
  • 殺すだけではなく生かすこともできる
    • 霊気を噴き出させ、龍脈の産物を追い払うことが可能。
 龍脈より霊気が噴き出す。地の間欠泉は強引に悪鬼を導き、災いが彼らを遠のい
た。

吉兆操作

  • 向管成敗を利用した吉兆の操作
    • 地形を利用した霊的防御の展開(厄除け)。
    • 地に網を張り、大地に陣を展開する。
      • 地脈の力を拡散させる。


使用者との関連性

地相学の権威

  • あらゆる地相操作の咒を知る
    • 神祇省千四百年の技も知り尽くしているため、日本の文献に存在しないような技も知っている。
 地相学の権威にして、神祇省の頭領たる壇狩摩にのみ可能な裏技。龍に人柱を捧
げ、迅速に八幡宮から離脱した。

忠心不足

  • に対する忠節が足りない
    • 忠心さえあれば例え全力全霊の百鬼夜行が相手でもある程度粘る。
 そんな狩摩にとって唯一の、そして最大の欠点は、この男に神を畏敬するという敬
虔さが欠片も存在しないことだ。



関連項目

龍脈殺しが有効な相手。

関連タグ