生体調整の呪薬

作品名:蒼穹のカルマ
使用者:草薙沈音、鷹崎在紗

蒼穹のカルマに登場する道具。
自分の想像したかたちに肉体を擬態させる薬品




道具についての詳細

形容

  • 緑色の丸薬
    • 歪な形をしている。 手製か?
 冬香がピルケースの中から薬を一錠取り出し、矯めつ眇めつ眺める。今ケースの中に
入っているのは、綺麗なカプセル剤ではなく、緑色の歪な丸薬だった。

擬態

  • 服用者の望む姿へ一定時間擬態させる緑色の歪な丸薬
    • 各器官が身体にめり込むなどの擬態が可能。
「……簡単に言えば、私が今したように、羽を身体の中に消すことができる薬とお考えくだ
さい。(以下略)」

材料

  • レーベンシュアイツのルオン草
    • 大して珍しくない材料。
    • 蒼穹園にも材料があると思われるが不明。


使用者との関連性

有翼

  • 空獣の特徴である翼がある
    • 成人のディアブロ級空獣と違い、隠せないため人間社会で生きるのに必要。



関連項目

使用者の種族分類に近いもの。

関連タグ