古神獣

作品名:蒼穹のカルマ
用語分類:種族分類
別呼称:ウロヴォロス級空獣

蒼穹のカルマに登場する用語。
世界最大の大きさを持つウロヴォロス級空獣
かつて魔王によって飛ばされた千年魔獣軍の生き残り。
作中当初は化石となって封印されていた。




詳細

来歴

  • 千年前から存在する魔獣
    • 世界最大の空獣であり、かつてを喰らった魔獣の生き残り。
千年前、異世界での戦いを経験した、最大の空獣・古神獣。等級で言えば、ウロヴォロ
ス級。

(中略)

「千年前、神さえ喰らったという最強の空獣。(以下略)」

形容

  • 全長一キロの巨体と無数の手を持つ空獣
    • 古神獣(エンシェ)と呼ばれる。
 頭部は金属製の甲冑のように甲殻に覆われており、ヒビのような隙間から、爛々と光る
眼が覗いている。上半身は人間を思わせる形状をしているのだが、肩からは右に三本、左
に三本、長く骨張った腕が生えていた。腰部から下は蛇のようになっており、そこからも、
まるで百足の脚のごとく幾本もの腕が並んでいる。

(中略)

だが今在紗たちの目の前に姿を現した異形の空獣は、目算でも一キロメートルを超えて
いた。

高い知能

  • ディアブロ級の知能を有する
    • 人語を解し、話し掛ける。
    • 相手の力量、脅威の度合いを量って空獣たちを束ねる。
 否、背後に、というのは語弊があるかもしれない。まるで、頭の中に直接語りかけら
れるかのような感覚である。
 振り向くと、そこには、もはや残骸となり、ぴくりとも動かなくなったウロヴォロス級
空獣の姿があった。


戦闘能力

空獣使役

  • 他の空獣の統率
    • 空獣の群れを統率できる。
      • 〈女王〉以外ではウロヴォロス級空獣のみ可能。

超感覚

  • 敵の存在を感知する

超高度飛行

  • 限界高度を超えられる
    • 高度四万メートルまで飛翔できる。
(中略)基本的に空獣は、空刑の鍵があるとされる高度四
万メートルまで飛ぶことはない。
 だが、その法則は、規格外たるウロヴォロス級には通用しないようだった。

光砲

  • 光砲を吐き出す
    • 大陸に穴を空ける威力。
 瞬間——ウロヴォロス級が首を前方に伸ばすのと同時に、その口から、斜め上空に向
かって、凄まじい光の奔流が放たれた。


元ネタ

エンシェント(ancient
英語で「古代」を意味する語。


関連項目

古神獣の種族分類。

化石だった古神獣を蘇らせた〈女王〉の能力。

関連タグ