神(蒼穹のカルマ)

作品名:蒼穹のカ ルマ
用語分類:種族分類、職業分類、位階

蒼穹のカルマに登場する用語。
神格が管理する永久の迷宮を攻略した者に与えられる称号
更に修行すれば神の名の下に様々な神通力が使える。

+作中で登場した神
第二十位・飴狂院 鷹崎駆真 飴玉の神
第三位・地宮院 天由良 大地の神
第三位・地宮院 霊由良 大地の神
第五位・時生院 神無 時の神
第五位・時生院 リサ 時の神
知錬院 鷹崎宗吾 知識の神





詳細

修験の位階

  • 神の迷宮を攻略した者に与えられる称号であり位階
    • それぞれの神が有する永久(とこしえ)の迷宮を攻略した者に与えられる。
    • 何を司る神になるかは 抽選で決まる
 永久の迷宮。その名には在紗も聞き覚えがあった。というか、蒼穹園国民であればほと
んどの人間が知っているだろう。
 それは『神』の称号を得るための試練。壬耶聖教の降臨書に記された、この世のどこ
かに存在すると言われる神の宮である。
  • 同じ神格は存在しない
    • 霊由良と天由良のような例外か、特殊な事例でもない限り、同一の神格は存在しない。
      • いれば強い方に排除される。

永久の迷宮

  • 神が管理する迷宮
    • 迷宮の主は鍵を使って迷宮のステータスを自在に操れる。
「今渡したのが、あなたの迷宮を開く鍵」
「内装、試練の趣向、出入りの条件——全て好きになさって構いませんわ」
「この迷宮に足を踏み入れること自体が」「一つの契約となっているんですのよ」
「ですからあなたはここに来てしまった時点で」「試練を受けなくてはならなくなりました
の」


戦闘能力

基本性能

  • 神通力(作中では地宮院のみ)
    • 不老不死
    • 浮遊
    • 意識干渉
    • 千里眼
    • 感覚共有
    • 年齢退行
  • 神器の使用
    • 神専用の神器が使える。
      • その神しか使えない神器も存在する。
    • 遍在

不老不死

  • 千年以上を幼い容姿で生き、銃で額を撃ち抜かれても死なない
    • 第三位だと上記の性能だが、第二十位の低い位階の神だと病などで死ぬ。
「……神も死ぬのか」
「ええ」「心筋梗塞で呆気なく」

神通力

  • 神の権能
    • 「神」になった後に更なる修練を行うことで使える力。
「……今この時から私も神なのだろう? それは時間を止めたり戻したり瞬間移動できたり
する神なのか?」
 が由良と霊由良はやはり左右対称に軽く首を振った。
「神の称号というのは」「あくまでもそういった奇跡を手に入れることが出来る可能性を」
「得たに過ぎませんわ」
「そのような力をそちらで望むのであれば」「あなた自身が、これより神の名を以て「長く
修練をお積みになるしかございませんのよ」」

+浮遊
  • 浮遊する。
 否、歩いている、というのは語弊があるのかもしれなかった。天由良と霊由良は、在
紗のあとについてふよふよと浮遊していたのである。天駆機関を着けているようには見え
ないのだが……
+意識干渉
  • 他者の意識に介入して存在を割り込むことが可能。
    • 小学校に紛れたり、魔法少女のアニメを一晩で放映させたり。
「うふふ、他者の意識に存在を割り込ませるくらい」
「わたくしたちには造作もないことでしてよ」
+千里眼&感覚共有
  • 遠くの光景を認識する。
    • それを他者と共有できる。
+子供化
  • 他者の肉体年齢を退行できる。
    • 一定時間を過ぎると解除される。
 そう、天由良霊由良姉妹が在紗を指さした瞬間、身体が見る見るうちに小さくなり、子
供のそれになってしまったのである。
+遍在
  • 自在に消えて、自在に現れる。
    • 呼ばれれば好きな場所へ顕現できる。
      • 大地の神の権能?
 しかも件の二人は在紗を子供にしてしまうと、煙のように消えてしまった。

(中略)

 消え失せたと思っていた双子が、パッと在紗の目の前に現れた。



関連項目

これはヴェクサシオン。神の作った叡智のひとつだ。

時間の神の神器。

関連タグ