魔人(蒼穹のカルマ)

作品名:蒼穹のカルマ
用語分類:種族分類、武器分類
製造者:博士(= 鷹崎宗吾

蒼穹のカルマに登場する用語。
古代皇華栄禅の人造人間
超人的な身体能力を発揮し、自分の主(マスター)に働く使命を帯びている。




詳細

来歴

  • 古代皇華栄禅で製造された対魔獣の機巧人形
    • 千年魔獣軍から人間を守るために製造された機巧人形。
    • 製造順はウタ、コエ、オト、 ロドリゲス 《言》の順。

マスター認証

  • 製造時の三代貴族の八咫家、八尺家、草薙家の血脈のみ認証が可能。
    • 例外として製造者の血族も可能。

言語機能

  • 自律してコミュニケーションを取る
    • 言語機能の性能は後期ほど高い。
「『ええ。人に近い外見や言語機能はもとより、私は有機物を燃料にすることが可能なのよ。(以下略)』」

動力源

  • 外部から動力を供給する
    • 四姉妹の動力はそれぞれ異なる。
魔人 動力源
ウタ 電力
コエ 不明
オト 有機物
《言》 心の力


戦闘能力について

戦闘能力

  • 天駆機関を装備した騎士以上の身体能力
  • 現性分子による怪腕の形成

現性分子

  • 自在に変形できる分子
    • 体が現性分子でできているため体を自在に変形できる。
    • 髪の毛を手に変えて使うことが可能。
      • 熱線の攻撃を防いでも燃えない。
      • 後期のオトは髪の一本一本が腕であり、怪力を誇る。
 そして小さく首を回したかと思うと、彼女の背が微細な震動に覆われ、そこからするす
るとケーブルのようなものが二本生え、その先にポン、と大きな『手』が現れた。

(中略)

 彼女の背には、十本近いケーブルが生えていた。そしてその先端には大きな『手』が認
められる。



関連項目


関連タグ