死霊術(アンチリテラルの数秘術師)

ネクローシス
作品名:アンチリテラルの数秘術師
使用者:椚木 殺刺(くぬぎ ころし)

※この項目では人工悪魔アドラメレクに関しての説明も行います。
アンチリテラルの数秘術師に登場する術技。
数秘術の一種。
死霊を作って、死霊を使役する。作中では死霊を大量に合わせて人工悪魔アドラメレクを作るなどを行った。
この術の術者は死霊使い(ネクロマンサー)と呼ばれる。




術技についての詳細

死霊を使役する術

  • 死に際に発生する無次元数を捕えて再構築する術
    • 人間の生命が尽きる際に出す無次元数(スカラー)を捕らえ、人体の外で再構成し死霊を造り出して、それらを自在に操る術。
「最近の言い方で言えば、忘却数式の使い手だ。現代数学で数式化されていない数式、つま
りは禁字刻印というものを媒介にして行使する数秘術の一種だ。人間の生命は尽きる際に、人
体からスカラーを放出するらしい。そのスカラーを捕らえ、人体の外で再構築する事によって
"死霊"を造り上げる技術なのだと聞いている。造り上げた死霊を配下にし、自在に操る術。(以下略)」


腕の基本性能

形容

  • 赤い輝きを放つ逞しい腕
  • 腕の長さは床から天井まで届くほど長い
椚木 殺刺の死霊は赤い輝きを放つ逞しい腕の形をしている。

性能

  • 遠隔操作による追跡も可能
  • 形状は「腕」だが、視界もある様子。さらにその視界を術者に送ることもしている。
「配下の死霊を使って彼等を追跡させているのですよ。これは
その、追跡させている死霊からの視界映像ですよ。」
  • 腕には実体があり掴むことができる。
(略)その垂れた腕をロープのように伝い、天井の穴の向こうから1つ
の人影が降下して来るのが見えた。


人工悪魔『アドラメレク』

  • 死霊256体をあわせて作った人工悪魔
    • 使い魔の形態と術者の身体を拡張するための兵装となる形態がある。

+ 詳細

元ネタ

ネクローシス
  • 本来の意味は医学用語の壊死(Necrosis)と思われる。
  • ネクロマンサーの使う術はネクロマンシー(necromancy)である。
ネクロマンシー
  • 死者や霊を介して行われる術
  • 死体による占い全般を指す通俗的な呼称で、未来や過去を知るために死者を呼び出し、また情報を得るために一時的な生命を与えることを含む。

アドラメレク
  • アッシリアの王センナケリブにアドラメレクという息子の名前。
  • 太陽神の一種である。名前の「melech」は、ヘブライ語で「王」を意味する。
    • 「Baal Adramelch」とも称される。「Baal(バアル)」は「主」という意味である。
    • アドラメレクはユダヤ教とキリスト教において悪魔とみなされる。
      • コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』によると、アドラメレクは地獄の上院議長であるとされる。
      • 地獄の宰相でもありサタンの洋服係でもある。
      • 通常、彼は人間の胴と頭を持ち、残りはラバ(または時々クジャク)の姿をしている。
      • ロバート・シルヴァーバーグの短編『Basileus』では、アドラメレクは「神の敵、野心家、狡猾さと茶目っ気はサタン以上、呪いに長けた悪魔― より深い偽善者」と表現されている。


関連項目


関連タグ


リンク