〈魅了〉

チャーム
作品名:蒼穹のカルマ
使用者:鳶一 槙奈

蒼穹のカルマに登場する術技。
盟術のひとつ。
見た者を魅了する効果をかける 術技。




術技についての詳細

魅了効果付与

  • かけたモノに魅了効果を付与する
    • 〈魅了〉をかけたモノを目にした途端に効果が発動する。
    • 〈魅了〉をかけた本人ではなく、かけられたモノの所持者に惹かれる。
 そう。槙奈がアステナに最初に教えを請うた盟術は、〈魅了〉であった。その名の通り見
る者の気を惹き、虜にする術である。
 本来ならば人間に施す術なのだが、初心者が人体に直接盟術をかけるのは危険が伴う
ため、衣服を介して効果を得ようという方法をとったのだ。

(中略)

 その水着が見えた瞬間、客席に座る人間たちは一斉に奇妙な感覚に襲われた。
 脳幹をガンガン打ち鳴らされるような、心臓を引き絞られるような、内臓を中から押し
上げられるような——そんな、感覚。
 しかし不思議なのは、それらに不快感がないことだった。
 呼吸が荒くなり、目眩がし、頬が上気する。


所持者との関連性

魅了のブースト

  • 所持者を元々好んでいる者には過度の効果が発生する
    • 理性が失われて暴走する。
「(中略)で、できるだけ、もとから自分
に好意を抱いている人には、それを着てる姿を見せない方がいいかもしれません。……」


元ネタ

チャーム(英:charm
英語で「魅了」を意味する語。


関連項目

〈魅了〉の術技分類。

関連タグ