〈女王〉

作品名:蒼穹のカルマ
用語分類:種族分類

蒼穹のカルマに登場する用語。
空獣たちと統率する王種
空獣(古来種に限る)を従わせる権能と特殊能力を有する。
作中ではフューゼシカ・アシュ・クーレイン、鷹崎在紗、リサがあたる。




詳細

空獣の統率者

  • 空獣たちに命令して従わせる
    • 空獣のディアボロ級がなる。
    • 〈女王〉の血脈であれば当代の〈女王〉が存在しても、〈女王〉の権能を発揮できる。
 蒼穹園の空を支配する獣——空獣。その元首が異世界に存在していたこと。
 その獣たちを統べるモノ——通常〈女王〉と呼ばれる個体が存在すること。
  • 空獣たちから守られる
    • 身体から微量の誘性物質を発しているため、例え命令を聞かない空獣であっても引き寄せられる。
「あたしたち〈女王〉の血脈は、身体から微量の誘性物質を発しているんだ。どこにいて
も、他の空獣に守ってもらえるようにな。(以下略)」


戦闘能力について

戦闘能力

  • 高い身体能力(フューゼシカ、リサ)
  • 空獣に効能がある特殊能力(フューゼシカ鷹崎在紗リサ
  • 魔力光(フューゼシカ)
  • 随意型防御結界(フューゼシカ)

魔力光

  • 魔力の破壊光を口から発射する
    • 光線の通過した場所は爆発する。
    • 〈女王〉の魔力を宿すことで破壊光線に能力を付与できる。
(中略)そして口から光線を吐き出したかと思うと、そのまま首を回して騎士団本部の演習場
や格納庫を光でなぞっていった。
 一瞬おいて、閃光の軌跡が通り抜けた箇所が派手に爆発する。

光球

  • 光球を生み出して攻撃する
    • 光球は一度に複数個生じさせられる。
    • 天駆機関で移動する騎士たちの当てられる速度で迫る。
 霞む視界の中、上空を見上げると、女が両手を広げているのが分かった。それに合わせ
て女の周囲に光の球が幾つも生まれ、周りに展開していた騎士たちに一斉に襲いかかる。

随意防御結界

  • 自身の身体に不可視の鎧を纏う
 裂帛の気合いとともに、 〈デウス・イクス〉 を侵入者の胴部に突き立てる。——が、覇槍
の刃は、女の胸をほんの少し歪ませる程度のところで、不可視の鎧に阻まれたかのように
停止していた。
  • 随意で防ぐため認識していない攻撃は完全に防がない
    • 不意打ち、多角攻撃はダメージが蓄積する。
 槙奈はぺろりと唇を舐めた。——この女は、防御盟術に似たような力で、身体全体を
ガードしている。だがそれはあくまで随意結界のようだった。
 つまり——認識できない攻撃は、完全には殺しきれない。少なくともその衝撃だけは、
幾分かダメージとして蓄積するらしかった。




関連項目

〈女王〉が率いる種族。

フューゼシカ・アシュ・クーレインの魔力特性。

鷹崎在紗の魔力特性。

関連タグ