〈永獄〉

ジェイル
作品名:蒼穹のカルマ
使用者:アステナ・エリーウッド

蒼穹のカルマに登場する術技。
盟術のひとつ。
魔法陣内部の対象を封印する




術技についての詳細

発動時の形容

  • 天に魔法陣を展開して降下させる
    • 徐々に面積を増やしながらもうひとつの地上の魔方陣へ降下する。
 それに合わせ、彼女の足下に展開していた巨大な方陣が、さらにその面積を増しながら、
地面に吸い込まれるように下降していく。
 そしてその方陣が、元から地に描かれていた円とかちりと合わさり——瞬間、その円の
内部が太陽のように輝き始めた。

封印術

  • 魔方陣が発する光に触れた存在を地の底へ封印する
    • 空中にいれば当たらない。
    • 封印対象の生死は問わない。
 その光に触れた魔獣とその死骸が、足下から地面に吸い込まれていくのである。
 耳が痛くなるほどの咆吼を上げ、魔獣たちが徐々に消えていく。
 三分ほどあとには、もうその場に、生物の姿はなくなっていた。


元ネタ

ジェイル(英:jail
英語で「牢獄」を意味する語。


関連項目

〈永獄〉の術技分類。

関連タグ