ハウゼル式天駆機関

作品名:蒼穹のカルマ
使用者:松永 衛二

蒼穹のカルマに登場する武器。
天駆機関のひとつ。 プロテクターの形状をした装着型天駆機関
天駆機関の共通特性として飛行と浮遊が可能。




道具についての詳細

形容

  • 全身に細かく装備する天駆機関
    • 細分化されたパーツはプロテクター状。
 見るに、衛二のそれも装着型のようだ。手首足首、膝に肘、胴部と細かく細分化された
プロテクターのような天駆機関を全身に装着している。確か名はハウゼル式。駆真の纏う
マーケルハウツよりは遥かに操作が容易とはいえ、新人騎士が扱いこなせるようなもので
はない。



関連項目

ハウゼル式天駆機関の道具分類。

関連タグ