〈鉄城〉

キャッスル
作品名:蒼穹のカルマ
使用者:アステナ・エリーウッド、鳶一 槙奈

蒼穹のカルマに登場する術技。
盟術のひとつ。
周囲を光の防護膜で覆う 術技。




術技についての詳細

防護膜

  • 周囲数十メートルに防護膜を作り出す
    • 自由落下する瓦礫や高度数千メートルから急落下する空獣の侵入を防げる。
    • 内側から出るには一部の〈鉄城〉を解除しなければならない。
    • 槙奈の〈鉄城〉は強度は低いが、〈女王〉の魔力光を防げる。
 だが、それらは在紗たちの上空数メートルというところまで落ちてくると、例外なく見
えない壁に阻まれるように外に弾かれていった。不思議に思って在紗が辺りを見回すと、
彼女らの周囲だけ瓦礫が落ちていないことに気づく。

防護膜の形状

  • 半円状の光の膜
    • 少女四人を囲む規模。
 よく見てみると、彼女たち四人の周りには、半円形の淡い光の膜が出来ていた。どうや
ら、これが瓦礫の侵入を防いだらしい。


元ネタ

キャッスル(castle
英語で「城」を意味する語。


関連項目

〈鉄城〉の術技分類。

関連タグ