早馳風・御言の伊吹

はやちかぜ みことのいぶき
作品名:神咒神威神楽
使用者:壬生宗次郎

神座万象シリーズに登場する術技。
石上神道流の剣技の奥伝。
理合(剣を用いて戦う技術において、こう動けば必ずこうなるという必然の理)
を無視して放つ剣技。
視線誘導と体裁きで相手の死角を作り出し、四方八方から剣の乱撃を放つ剣技

+ 詠唱




術技についての詳細

究極の乱剣撃

  • 相手の視覚と己の体術からなる乱撃
    • 総ての攻撃を相手の死角から放つ。
      • 相手は剣筋すら見えない。
石上神道流の奥義。その実体は極限の視線誘導と体裁きを駆使する乱撃
技で、総てが必ず死角から飛んでくる。ゆえに対峙する者はどれだけ斬
られようと剣筋を見ることすら出来ず、見えない獣に喰い尽くされるか
のような錯覚に陥る。


使用者との関連性

切断現象

  • 己の太極による全事象切断
    • 他の神格の理であろうと斬り裂く理外の剣と化している。
 それは速度、理合、技巧では測れない全てを逸脱した何かで
あり、彼我の間に存在するあらゆる要素を突き抜けて炸裂し
た剣撃の究極と言えるものだった。


元ネタ

詠唱
古神道において苦しみを息とともに吹き払う呼吸法『息吹法』の祝詞。


関連項目

使用者の太極

関連タグ


リンク