紅楼蜃夢・摩利支天

作品名:神咒神威神楽
使用者:玖錠 紫織(くじょう しおり)

神座万象シリーズに登場する能力。
太極のひとつ。発現は求道型。
自身の無限の可能性を無制限に具現化する
使用者の歪みの上位互換能力。

+ 詠唱




能力についての詳細

全可能性具現化

  • あらゆる可能性を並列に具現化させられる
これによって、文字通り無限数の己を並列させられるようになった紫織は、
実力的にほぼ互角の宗次朗と永遠に戦える。
  • 使用制限がない
    • 天文学的確率だろうと生存・勝利している可能性がある限り敗北しない。
 彼女は可能性という名の濃霧そのもの。たとえ稲妻で焼かれ
ようと、炎で蒸発させられようと、可能性は絶対になくならな
い。
 もしかしたら、生き延びていられる自分がいる限り。
 もしかしたら、この雷火を掻き分けて母禮を砕けている自分
がいる限り。
 玖錠紫織に負けはない。逃れられない炎にじりじりと焦がさ
れながらも、死に続ける自らを踏み台に必ず敵手を追い詰め
る。


使用者との関連性

太極の基となった渇望

  • 常に最高の自分でありたい
    • 出来ない、やれないことのない自分を求める渇望。
己に対する可能性の希求といった渇望のもと、まさしく自己を陽炎その
ものへと変生させた蜃の神威。紫織の求道が至った究極の境地である。


元ネタ


蜃気楼を作り出すといわれる伝説の生物。時に霊獣の一種とされるている。古代の中国と日本で伝承されており、巨大なハマグリとする説と、竜の一種とする説がある。蜃気楼の名は「蜃」が「気」を吐いて「楼」閣を出現させると考えられたことに由来する。

摩利支天(サンスクリット:Marici
陽炎を神格化した仏教の守護神・天部の一柱。
実体がないので何者も傷つけられず、捉えられない日天の眷属。
日本では戦国時代に武士からの信仰が篤かった。
真言は「唵・摩利支曳薩婆訶(オン・マリシ・エイ・ソワカ)」
詠唱:ここに天の数歌~畏み畏み申す
鎮魂祭に使用される祝詞。アレンジがかかっている。

詠唱:唵・摩利支曳娑婆訶
摩利支天の真言。

詠唱:唵・阿毘耶摩利支娑婆訶
摩利支天の真言。阿毘耶は太陽、もしくは太陽神を意味する。

詠唱:ここに帰依したてまつる 成就あれ
詠唱にも含まれるサンスクリット語「唵~娑婆訶」の部分の訳。



関連項目

紅楼蜃夢・摩利支天の能力位階。

使用者の宿していた歪み
紅楼蜃夢・摩利支天の下位互換能力。

関連タグ


リンク