四枚の黒くて大きな羽で戦うよ

作品名:魔法少女育成計画
使用者:魔王パム

魔法少女育成計画に登場する能力。
身体から生える四枚羽を自在に操る
羽の質量、密度はもちろん物質構成からエネルギーまであらゆるステータスを操作できる。
加えて目が存在しない形態でも羽と視界の共有が可能。
しかし、技の魔王的ネーミングセンスはいかがなものか




能力についての詳細

万能四枚羽根

  • 羽に関するステータスを操作できる
    • 大きさ、形はもちろん元素構成まで自在に操ることが可能。
 魔王パムは「四枚の羽根を自在に操る」魔法を使う。魔王パムの羽は飛行のためだけにあ
るのではない。大きさ、色、形、速度、硬さ、ありとあらゆることを「自在に操る」
のだ。

+ 斬撃&粘着

+ 閃光

+ 自動索敵

+ 自律兵器化

+ 氷漬けの最下層(コキュートス)

+ 増殖

+ 魔宴(サバト)

+ 巨大な門衛(ハダーニエル)

+ 聖槍(グングニル)

+ 煉獄の炎(ゲヘナ)

+ 至言(ロゴス)

+ 明けの明星(ルシファー)

+ 吠え猛る風(ミーノース)

+ 毒蛇(エキドナ)

+ その他

+ 憎悪(マステマ)

+ 迷路生成

+ 可燃性物質生成

+ 影武者

欠点

  • 羽の上限が四枚
    • 全ての羽を破壊されると、修復までの間は防戦一方となる。
      • 使用者は身体を鍛え上げることで至近距離での戦闘も行える。
 自由自在に変化する四枚の羽を用いての戦闘は魔王パムの真骨頂だが、羽に守られて
いる本体が脆弱というわけではない。魔法の強さに驕り、蹴ったり殴ったりの直接的な
戦闘を忌避するようになったら魔法少女として終わりだというのが魔王パムの持論である。
  • 物理攻撃しかできない
    • 羽のパラメーターや物質変成は自由自在だが、攻撃は全て物理攻撃。


使用者との関連性

コスチューム

  • 魔法少女のコスチュームの羽も能力に使える
    • ただし分離や物質変成は行えず、作中ではサイズの変更のみ。
      • プキンの剣に斬られることなく受け流す程度に動かせる。
 魔王パムが魔法で操る羽は上限を四枚としている。それとは別に、もう二枚の羽がある。
なぜ「それとは別に」なのかというと、その二枚の羽は魔王パムが元々持っている翼、言
わばコスチュームや手足の延長線上であり、本体から離したり性質を変えたりするような
ものではなく、普段は小さくして他人の目に触れさせることはない。


元ネタ

コキュートス(ギリシャ:κωκυτός
『神曲』やギリシャ神話に登場する地獄の最下層、もしくはそこを流れる川。
名前は「嘆きの川」を意味する。元来は「悲嘆」を意味していたとされている。
ダンテの『神曲』において地獄の中でも最も重い罪とされる悪行を行った者がいく地獄の最下層。
罪人はここで永遠に氷漬けとなる。
最も重い罪にあたるのは「裏切り」で、裏切者が堕ちる。
ギリシア神話においては、地獄の最下層に流れる川のこと。

サバト(英:Sabbath、Sabbat
魔宴、魔女の夜宴・夜会ともいう。
ヨーロッパで信じられていた魔女あるいは悪魔崇拝の集会。
ヨーロッパでは土曜の夜に魔女が集会を行うと信じられ、中世から17世紀ごろまでサバトに参加した罪を
告発されて裁判にかけられた無数の人々の記録が残っている。
イタリアの司祭、フランチェスコ・グアッツォの『蠱業要覧』(Compendium Maleficarum)には
著者の想像によるサバトの様子が描写されている。
他の証言では、サバトでは人肉を食す、悪魔はパンと塩を嫌う。魔女の集会参加方法、
ルシファーがサバトに参加する、悪魔と交わるなどが挙げられている。

ハダーニエル(Hadarniel
雄大な体躯と、天上界に響きわたる声を誇る天使。
名前の意味は「神の偉大さ」。
ユダヤの伝説では天国へトーラーを取りに来たモーゼの前に立ちはだかった
門衛の天使として登場する。初めはモーゼを脅したが、
そのことを神にたしなめられたため、態度を変えてモーゼの案内人を務めたとされている。

グングニル(古ノルド:Gungnir
北欧神話に登場する神々の王オーディンの持つ槍。
ドヴェルグの鍛冶、イーヴァルディの息子達によって作り出された。
この槍を投擲した場合、槍は絶対に命中し、自動的に持ち主の手もとに戻るとされている。
また、この槍を向けた軍勢には必ず勝利をもたらす。

ゲヘナ(ギリシャ:γέεννα
旧約聖書・新約聖書に使われているギリシャ語。
ゲエンナ、ゲヘンナ(古ギリシャ:γέεννα)と、アディス、ハデース(古ギリシャ:ᾍδης)とも呼ばれる。
英語で"hell"と訳される地獄の固有名詞。
ゲヘンナは原語では「ヒンノムの谷」の意。
この谷ではアハズ王の時代にモロク神に捧げる火祭に際して幼児犠牲が行われたこと、
ヨシヤ王の改革で谷が汚されたことがあり、町の汚物の捨て場とされた経緯から、
新約聖書ではゲヘンナは「来世の刑罰の場所」として考えられていた。
ハデースはギリシャ語の「姿なく、おそろしい」の意から派生した。
ヘブライ語のシェオルに当たり、古代の神話では死者の影が住む地下の王国とされた。

ロゴス(英:λόγος、古ギリシャ:λόγος
聖書に記されている語。ウェルブム(verbum)とも言う。
『ヨハネによる福音書』の冒頭では以下のように述べられる。
はじめに言(ロゴス)があった。言は神とともにあり、言は神であった
これはキリストについて述べたものと解され、「ロゴス」はキリストの別称ともなった。

ルシファー(ラテン:Lucifer
キリスト教、特に西方教会における悪魔(サタン)との同義語。
ルシファーとは「光をもたらす者」(lux 光 + fero 運ぶ)を意味する語。そこから発展して「明けの明星」を指すラテン語となった。
キリスト教の伝統的解釈によれば、ルシファーは元々は全て天使の長であったが、
土から作られたアダムとイブに仕えよという命令に反発したのがきっかけで神と対立し、
天から追放されて神の敵対者となったとされる。
また、ルシファーの語はキリスト教以前から「明けの明星」である金星を指すものとして用いられていた。

ミーノース(古ギリシャ:Μίνως, ラテン文字表記:Mīnōs)
ギリシア神話に登場するクレータ島の王。
ミーノース王は白く美しい雄牛を所有し、ポセイドンに捧げる約定を交わしたが、
ポセイドンを裏切って別の雄牛を捧げたため、ミーノース王の妻に白い雄牛に欲情する呪いがかけられた。
その妻と白い雄牛との間に生まれたのが半人半牛の怪物であるミーノータウロス(古ギリシャ:Μινώταυρος)である。
ミーノース王は神話の人物だが、クレタ島のクノッソス宮殿遺跡から世界最古の玉座とともに古文書が見つかり、
その碑文の中にミヌテ、ミヌロジャ(ロジャは王の意味)という名前があったことから、
ミーノース王の実在を示すものではないかと言われている。

ミーノータウロス(古ギリシャ:Μινώταυρος
ギリシャ神話に登場する半人半牛の怪物。
名前は「ミーノース王の牛」という意味であり、
本来であれば、雷光を意味するアステリオス(Asterios)を名乗るはずだった。
ミーノース王によって迷宮に封印された。

エキドナ(古ギリシャ:Ἔχιδνα
ギリシア神話に登場する怪物。
半身は美女で下半身は蛇で背中に翼が生えた姿をしている。名前は「蝮の女」を意味する。

マステマ(ヘブライ:Mastema
ヘブライ語で「敵意」、または「憎悪」を意味する。ユダヤ教の『ヨベル書』に登場する悪魔(もしくは天使)の一つ。
マンセマット(Mansemat)とも呼ばれる。
この悪魔は、神のために人間を害し、誘惑して神への忠誠心、
人間の信仰心と善性を見極めるための必要悪の存在であるとも言われている。
悪魔ではあるが、まぎれもなく神に帰属する者であり、神に従う悪魔の大軍を配下に所有している。


関連項目


関連タグ


リンク