さわったものをすぐボロボロにしちゃうよ

作品名:魔法少女育成計画
使用者:ソニア・ビーン

魔法少女育成計画に登場する能力。
接触したものを劣化させ塵にする
物質・エネルギーの区別はないが最低限の空気を確保したりしているため、
接触物全てを塵にしているわけではない。(詳しくは能力考察にて)




能力についての詳細

発動時の形容

  • 黒い靄を纏う
    • 光か空気を黒い塵している?
 いいかけ、中断した。粉塵を割り、船の穂先から黒い靄の塊が飛び出した。

万物劣化

 これが「触れたものを劣化させることができる」ソニア・ビーンの魔法だ。あらゆる生
物、無生物、エネルギーは抗う余地無く、存在そのものを凌辱される。
  • 実体のない気体すら削る
    • 炎や光も塵と化している。
(中略)それはすれ違いざま、肩をぶつけるようにしてテプセケメイに触れ、テプセ
ケメイの触れた部分は黒い靄になって消し飛んだ。

+ ボロボロにされた側の様子

エネルギー消滅

  • 受けたエネルギーもボロボロにする
    • エネルギーを削っているが、黒い滓が出る。
 光を集束することで高熱を発し攻撃に転嫁する。だが光条は、ソニアに触れた部分から
煤けたように黒く朽ちていった。
  • エネルギーの付与・略奪関係なく無効化する
    • 外的な干渉に関係なく生命活動に必要なエネルギーは自前で用意する必要がある。
 エネルギーを加えるという行為が無意味であるなら、エネルギーを奪うという行為はど
うだろうと考えた。低温によって凍りつかせてやろうという試みは、全く効果を及ぼすこ
となくソニアに触れて蹴散らされた。

欠点

  • 意識があるときしか発動していない
    • 寝込み・気絶の時に、非発動となる。
 魔王パムは壁から離れ、スーツを元に戻した。穴一面を覆っていた可燃性の液体と炎を
倒れたソニアに集中させ、今度こそ完全なるトドメを狙いながら、(中略)炎が消え、ソニアは既に炭も残っていない。



関連項目


関連タグ


リンク