陀羅尼孔雀王

作品名:神咒神威神楽
使用者:玖錠 紫織

神座万象シリーズに登場する術技。
玖錠降神流のひとつ。
体内の生命力を拳に集中させて放つ術技
使用者の場合、可能性具現化による多重分身で一度に無数の攻撃を放つ。

+詠唱
オン・マユラキランデイ ・ ソワカ
唵 摩庾攞迦蘭帝 薩婆訶





術技についての詳細

使用時の形容

  • 膨大な生気圧が爆発する
    • 翼の如き残光が残る。
 噴き上がる生気の圧が爆発しその残光が翼のごとく見えた
瞬間。

闘気圧縮

  • 最大規模の闘気を練り上げての打撃
    • 闘気を打撃力に変えている。
      • 受ける方も気と同規模以上の気力と体力が必要。
(中略)純粋に気と力
の融合であるため、受けるほうも同規模以上の気力と体力で応じなけれ
ば減殺できない。
  • 余剰分の闘気で艦隊規模の人員の疲労が拭える
    • 体力と気力の融合技だからか?
 気脈を司る経絡を制御し、膨大な気を循環させながら圧縮さ
せ、もはや物質化するほどの闘気が拳に集まる。
 跳躍と共に弾けた余剰の生命力は周囲一帯に伝播して、艦隊
全員の疲労を瞬時に拭い去るほど、紫織が練り上げた気の総量
は夥しいものだった。

陰気特効

  • 異妖に特効の攻撃
    • 陰気に対して有効な打撃であり、受ければ陰気が減圧する。
 毒を浄化し、七難摧滅を成す破魔孔雀——その名に相応しい
過剰なまでの生命圧を纏った拳は、人外の異妖に特効的な痛打
を浴びせる。


使用者との関連性

可能性具現化

  • 複数の己を具現化することで重撃が可能
    • 物語序盤では既に二十重撃が可能。
 甲板から宙に舞い、標的目掛けて振り下ろされる渾身の一
撃。
 こいつはこいつでとんでもなく、それを同時に二十も放つと
いう絶技を繰り出す。


元ネタ

孔雀明王
密教の明王の1つ。 衆生を利益する徳を表すとされる。
インドの女神マハーマーユーリー(「偉大な孔雀」の意)の一柱であり、
毒蛇を食べることから孔雀明王は「人々の災厄や苦痛を取り除く功徳」があるとされて信仰された。
その後は毒を食べる=人間の煩悩の象徴である三毒(貪・嗔・痴)を喰らって
仏道に成就せしめる功徳がある仏とされた。

詠唱
孔雀明王の真言。


関連項目

二十重撃を可能とさせる使用者の歪み

無限数での重撃を可能とさせる使用者の太極

関連タグ


リンク