改造式機関刀レーヴァテイン

エンジンブレード・レーヴァテイン
作品名:黄雷のガクトゥーン
使用者:ベルタ・モリ・ヴィーゲルト

スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)に登場する武器。
《緑の石》を内蔵した変形機関刀
幻想異形の力を斬り、刀と槍の形態を使い分ける。




武器についての詳細

対異形

  • 異形の存在を斬る事が可能
【ベルタ】仕組みは知らんが、
     是は幽明を斬るのだそうだ。
     すなわち、
     異形の力を斬る。

     (中略)

     鋼鉄の刀身に仕込まれた
     ある種のまじないが威力を増す。
     緑色の石、それもあるだろう。
     彼のような雷電の男にも、
     大いに損傷を与える機械武器。

変形

  • 柄の長さが変わる
    • 柄が伸びて長巻となる。
    • 後述の使用者の剣術スタイルに影響する。
作動音と共に、
改造刀は形態を変える——
機械柄が伸長する!
槍か、戦場剣とも取れる長さにまで!


使用者との関連性

剣術の構えの意味

  • 通常の長さでは逆刃に構える
    • 我流であるため構えの名はない。
逆刃に構えた刀が煌めく。
妙に長い柄に、何かの機構。

(中略)

吐く息と共に短く言って、
右手の改造式機関刀の柄を握り込む。
重い作動音。
その形状から想起するものよりも、
幾倍か重い。事実、重いのだろう。
彼の見たところ
改造刀の重量は約20ポンド。
  • 長巻での長さでは必殺の突きを放つ姿勢となる
    • 両手で人の首を破壊する威力の突きが放てる。
男は思わず感嘆していた。
是は、ただ武器形状が変ずるだけでなく、
構えの意味合いがまるで変わる。
後ろ手に槍持つ構え。
たとえば、渾身の力込めた必殺の突きを
半身から両手で行う連続動作に相応しい。
この武器形状を前提としての、
合理成った構え。
  • 殺陣による石突きと斬撃で連続攻撃が行える
    • 超音速の光剣や雷速の落雷が防げる。
     円を描くように連続して振り続けられる
     改造刀槍の刀身が、石突きが、
     光剣と雷電すべてを防ぎ切る。

刀限定で最高の剣士

  • 極東の刀剣を持つことで最高の腕前を持つ剣士となる
    • 刀以外の武芸はからきし。
    • ベルタに送られることを想定して刀の形状にしたと思われる。
【ヴァルター】ベルタの腕は日増しに上がっている。
       異能を使用しない戦闘では
       学園有数の腕だろう。

       (中略)

【ヴァルター】ただし、奴が刀剣の類、
       特にカタナとかいう極東の刀剣を
       装備している場合に限る。
       ナイフや徒手空拳では
       護身系の部活の精鋭にも劣る。


元ネタ

レーヴァテイン(古ノルド:Lævateinn
北欧神話に登場する剣(槍、杖とも)。
雄鶏ヴィゾーヴニルを殺す事が出来る唯一の武器だが、この武器を手に入れるために雄鶏ヴィゾーヴニルを殺して
尾羽を手に入れなければならないという堂々巡りの武器。


関連項目


関連タグ


リンク