『能力』封じの針

ギフトふうじのはり
作品名:Hyper→Highspeed→Geniusシリーズ
使用者:零月、明智久司郎、『女神』

Hyper→Highspeed→Geniusに登場する武器。
刺した対象の『能力』を封じる呪いの針
硝子製であるため脆い。




武器についての詳細

能力封印

  • 刺した相手の『能力』を封じ込める針
    • 刺された相手は『能力』を完全に失い、『守護者』でなくなる。
メフィスト「『これはね、刺した相手の『能力』を封じる『針』だよ」

(中略)

メフィスト「あれでチクッとするだけで、『守護者』はたちまち
      普通の人間に戻ってしまうだろうね」

呪印

  • 針の表面に能力封じの呪印が刻まれている
    • ガラスの表面に注視しないと見えない微細な呪印が刻まれている。
久司郎  「『能力』を……封じる……?」
メフィスト「ああ。よく見ないと分からないが、この『針』には
      微細な呪印が刻まれている」
     「呪印というのは文字通りの呪いの印だね。
      まあ、要するに呪いのアイテムなんだよ、これは」
久司郎  「その呪いの効果が、『能力』を封じる、と?」

      よく目を凝らしてみると、確かに『針』の表面には
      何か模様のようなものがあるように見える。
      これが、呪印というやつだろうか。

その他

  • 過去似たようなものが存在する
    • メフィストが知識として知っている程度。
メフィスト「過去の歴史を紐解けば、似たような物は存在している。
      もっとも、私も実物を見るのは初めてだけど」


憑依存在を引きずり出す陣

  • 憑依した存在を無理矢理受肉させる陣
    • 対象を器に封じ、物理的に破壊することで消滅させる。
メフィスト「しかも、ちゃんとした肉体を伴っている。なるほど、
      この世界の理で縛り付けるというわけか」
     「この世界に悪影響を与えるイレギュラーを排除する
      ための術。まさに世界を守るための技だね」



関連項目


関連タグ


リンク