天恵技巧

デッドコピー
作品名:Hyper→Highspeed→Geniusシリーズ
使用者:フィアナ・アストレイア

Hyper→Highspeed→Geniusに登場する能力。
『能力』(ギフト)のひとつ。
見た動作・技能・能力を複製する能力 であるが、それはまだ発展途上の状態であり、
使用者が個人として完成した際には能力吸収の『能力』となる。




能力についての詳細

能力複写

  • 見た能力を複製する能力
    • 視認した相手の術技・能力を複写する。
      • 高速思考等の目に見えない『能力』は複写できない。
フィアナ「わたしの『天恵技巧』は簡単に言えば
     コピー能力です」
    「表向きには相手の動きや技術を真似て、即座に
     実行できる能力なのですが——」
    「一時的にであれば、『能力』もコピーすることが
     できます。」

欠点

  • 相手の能力の質を見ることが発動条件
    • 天恵技巧を発動するには後手に回るしかない。
目にした能力の質を知ることが発動条件。


進化後の天恵技巧

能力吸収

  • 対象の能力を乖離させ自分に吸収する能力
    • 吸収できる数に制限はなく、複数の能力を略奪できる。
      • 『能力』の持つ能力略奪耐性を無視している。
一時的なコピーなら強力な『能力』程度の印象だが、
吸収してしまうとなればさらに上。
数多くの『守護者』と戦うことで、できることの
バリエーションも増えていくだろう。
まさに、戦えば戦うほど強くなっていくということだ。


使用者との関連性

聖女アナの劣化複写

  • 聖女アナの因子
    • 一時的な劣化複写しかできない聖女アナの劣化能力として得た能力。
久司郎 「そこまで完全にコピー出来るわけじゃないのか」
フィアナ「はい、どうしても劣化してしまいます」

使用者の進化に伴う能力の進化

  • 聖女の劣化複写存在ではなくなった
    • 聖女が手に入れられなかった光速思考を手に入れたことで完全な個人となり、能力も進化した。
俺の『光速思考』とリンクしたことで彼女の
世界を演算する『能力』が上昇したことで。
フィアナ・アストレイアが、『聖女』のコピーではなく、
ただ一人の完全なる個性として完成した時。
『新しい『能力』』としてこの世に生まれたのだ。


元ネタ

デッドコピー(dead copy
既存の製品・商品を模倣した粗悪品全般を指す蔑称。


関連項目

天恵技巧の能力分類。

関連タグ


リンク