フラガラッハ(ケルト神話)

フラガラッハ
作品名:ケルト神話
使用者:ルー
呼称 :回答者、報復者、応酬丸、応答者、応答丸、名剣はやて丸、斬返しの剣、(The )Answerer、Retaliator

ケルト神話に登場する魔剣。形状は片手十字剣。
伝承されている能力については複数存在し、 自動抜刀、自動帰還、高切断力、相手を恐慌させる、傷が一切治らないという能力 と考えられる。




入手方法

いくつかの説があり
  • 異界の支配者もしくは海神であるマナナン・マク・リルよりルー(ルグ)に与えられた魔剣
  • ルー自身が製造した。
という説がある。


武器についての詳細

自動抜刀及び自動帰還

ルーがそう望めば鞘からひとりでに抜けて彼の手に滑り込んで、それを投げれば、また自ずから戻ってくるという不思議な力を持っていた。
  • 人間の思考を読み取る武器であり、持ち主を記憶する武器だと思われる
    • 投擲中に持ち主が死亡、もしくは盗まれた場合の描写なし
  • 抜刀速度、及び帰還時の速度は不明。

物質切断能力についての記述

  • フラガラッハについて以下の伝承がある
    • 鋼鉄程度ならば容易に裂く能力を持っていると思われる。
どんなよろいも突き通すことのできる剣
どんな戦士をも刺しつらぬくことができる
どんな固い鉄でも貫いてしまう
どんな鎖をも切り裂くことができる
輝く刃はどんな鎧をもバターのように切り裂く、鋭い切れ味を持っていた。

相手を恐慌させる能力についての記述

  • 刀身を見ただけで戦闘不能に陥るほどの精神攻撃を受ける。
刀身を見たものは、官能的な女性に見つめられた時のように力失せ、
誘われるようにして切り伏せられる。
戦場でそれを突きつけられた者は見ただけでおびえて、力が失せ、
瀕死の女よりも弱々しくなるのだった。

治療不可能についての記述

  • 治療不能として以下の伝承がある
    • 斬られた時点で治療不可能となる。
    • 受けた傷から という伝承から刀身だけでなく、
      刀全体の傷が治療できない可能性がある。
切られたならば、決して生き残ることはできない
受けた傷から回復した者はいない。

+ちなみに・・・
複数の能力を紹介したが、こういった神話の武器は後世の脚色を受けている場合が多く、
この項目も例外ではない。


関連項目


関連タグ


リンク