すべての想いに巡り来る祝福を

アマンテース・アーメンテース・オムニアウィンキト・アモール
作品名:Dies irae
使用者:マルグリット・ブルイユ
別呼称:輪廻転生

※この項目ではマルグリット・ブルイユの流出についてのみ紹介します。

神座万象シリーズに登場する能力。
使用者の"流出"随神相は獅子、鷲、雄牛からなる三位一体(ケルビム)
元々、流出位階に達していたため、エイヴィヒカイトを介さずに行える。
能力は いつか幸福になれるように死者を慈しむ世界の永久展開

+詠唱
す べ て の 想 い に    巡 り 来 る 祝 福 を
Amantes, amentes――Omnia vincit Amor





能力についての詳細

輪廻転生

  • 死者たちの来世を祝福する世界の永久展開
    • 現世には全く干渉せず、死者の来世を幸福にするだけの世界。
「ゆえに女神は抱きしめた。善も悪も何もかも、悲劇そのもの
 はなくせないが、転生の果てに必ず救いが訪れると、あまね
 く総てを慈しんで」
  • 転生前の経験を引き継げる
    • 常に強くてニューゲーム状態でなおかつ生き方を決められる。
 転生のたび前世と似た、しかし前世で歩んだ分前進した自分
となって新たな生き方を模索する。
 人の子に成長を促す法則……そう表現するのが適当だろう。
この理において、万象はどこまでも道を追求することが出来る
のだ。

覇道共存

  • 覇道神たちを共存させられる
    • 理の衝突をなくし、力はそのままで共存させることが可能。
      • 歴代神格の中で使用者のみが持ち得た特性。
「本来、絶対に共存できぬ覇道神を、同時に存在させ得るこ
 と。抱きしめるという渇望通り、彼女の腕に抱かれた者は、
 たとえ荒ぶる戦神であろうと安らかに微笑んで矛を収める」


使用者との関連性

流出の基となった渇望

  • 抱き締めたいという渇望
    • 誰にも近寄れない呪いを宿していたため、誰にも触れられない存在だった。
      • 触れてはいけないと理解しつつ本心では接触を渇望していた。
「強固な呪いを宿して生まれ、触れれば首を刎ねてしまう。な
 らばこそ、誰も近寄れぬ永遠の宝石として在り続けたが、そ
 の本心では他者との触れ合いを切に望んでいた」

攻性皆無

  • 魂レベルで戦うという概念を持たない神格
    • 覇道共存で戦う神格と共存し、外敵から守護してもらう必要がある。
彼女の魂は戦うという概念を帯びていない。


元ネタ

アマンテース・アーメンテース(ラテン:Amantes, amentes
ラテン語で「愛する者は正気なし」という意味の語。
ローマの喜劇作家ティレンウスの言葉。

オムニア・ウィンキト・アモル(ラテン:Omnia vincit Amor
ラテン語で「愛は総てに勝利する」という意味の語。
ウェルギリウスの牧歌のタイトルに登場する。

ケルビム(ヘブライ:כְּרוּבִים、ギリシャ:Χερουβείμ
智天使という天使の一種。
失楽園の後、生命の樹への道を守らせるためにエデンの東に置かれた天使。
エゼキエル書では四面四翼の天使とされ、前の貌は人、後ろの貌は鷲、(見た人間から見て)右側に獅子、
左側に牛の貌を持っていた輝く天使とされている。


関連項目

すべての想いに巡り来る祝福を波旬が歪められたもの。

関連タグ


リンク