首飛ばしの颶風

くびとばしのかぜ
作品名:神咒神威神楽
使用者:壬生宗次郎

神座万象シリーズに登場する術技。
石上神道流の剣技のひとつ。丙の第三。
その名の通り 一撃で首を落とす剣技
使用者ほどの達人が使用すれば 凡人と比べて見て 武術の達人たちの首を容易く断つ。
石上神道流の剣技で甲の第二に首飛ばしの颶風・蠅声という殺気を飛ばす技も存在し、
使用者が最も愛用する。

+ 詠唱




術技についての詳細

剣技(丙の第三)

  • 斬首の一撃
    • 一度に複数名の首を斬り落とす剣技。

蠅声(甲の第二)

  • 悪意・凶気を叩きつける
    • 対象の気勢を削ぐことを目的とした術技。
  • 使用者は剣気と融合させて斬撃を飛ばす技へと昇華している
    • 物理的な殺傷力を有し、岩塊だろうと切断する。
蠅声とはいわゆる悪意の総称であり、すなわち凶気。この技はそれを対
象に叩きつけることで気勢を削ぐのが目的なのだが、驚異的な殺意を有
する宗次朗は、剣気と融合させて物理的な殺傷力を有する斬風——遠当
ての技として昇華している。
  • 自動追跡
    • 対象へ自動的に迫る。
 もはや異能に属する域の殺意は、それだけに猟犬を上回る殺
しの嗅覚を持っている。

欠点

  • 威力が増すほど溜めが必要
    • 格上の相手との戦闘中に放つのは非常に困難。
難点としては、放つ殺意の量に応じた溜めを要することだろう。


使用者との関連性

殺意に比例する

  • 殺意が高まるほど強化する
    • 殺意を武器にする使用者にとって最も使い勝手の良い剣技。
その特性から、言うまでもなく宗次朗の殺意が高まるほどに威力は増す
ため、彼がもっとも頼りにしている技の一つと言っていい。

神格

  • 刀剣の神格
    • 殺意による斬撃から気合いに変化している。
      • 規模や威力も宇宙規模、万物切断と強化された。
 神威一閃——迸る裂帛の気合いが宇宙を分かつ無謬の切断現
象と化して放たれた。


元ネタ

蠅声
古事記における邪神の囀ずり。
古事記での日本は邪神が囀ずり、草木ですら口をきいて人々を不安にさせる時代だった。
また、スサノヲが根の国へ放逐された際の泣きわめく様も蠅声(狭蝿)といい邪神が集められて禍をもたらしたとされる。

詠唱:梵天王魔王自在大自在
梵天王は仏教におけるブラフマー、
魔王は仏教における第六天魔王マーラ・パーピーヤス、
自在と大自在は、仏教における破壊神シヴァの呼称。

詠唱:除其衰患令得安穏
普賢菩薩行法経に登場する句。「其の衰患を除き安穏なることを得せしめたまえ」と言っており、
意味は病魔、禍、害を与えるものを消して安穏をもたらして欲しいという意味。

詠唱:諸余怨敵皆悉摧滅
自身の敵をあまねく皆殺しにするという意味。
上記の意味から魔王、破壊神に安穏を得るために敵を皆殺しにして欲しい(したい)という祈りを捧げていると思われる。


関連項目

使用者の太極
首飛ばしの颶風・蠅声を絶対不可避防衛不可能の切断現象へと変える。

関連タグ


リンク