随神相

カムナガラ
作品名:神座万象シリーズ
用語分類:現象

神座万象シリーズに登場する用語。
覇道神の持つパワーイメージ
戦闘時には神格の理を纏った攻撃を行うことも可能。




詳細

神威

  • 既存宇宙に対する覇道神のパワービジョン
    • 覇道神とその眷族のみが出す征圧の神威像。
    • 求道神は内向的渇望と終始人間大のサイズであるため、この像を持ち得ない。
随神相は覇道神とその眷属である軍勢にしか出せません。求道神は作中で語っているように単体で成立するので、終始人間大のまま。巨大化し
た神威の像というものを持ち得ない。あれは要するに征圧するためのパワービジョンです。

作中で登場する随神相

藤井蓮 無数の時計と歯車
ラインハルト・トリスタン・オイゲン・ハイドリヒ 黄金の獅子
カール・クラフト=メルクリウス 水銀の双頭蛇(カドゥケウス)
マルグリット・ブルイユ ケルビム(牡牛・大鷲・獅子の三位一体)
第六天波旬 ???(背後の曼荼羅がそれに該当すると思われる)
天魔・夜刀 超巨大な大蛇
天魔・宿儺 両面四腕の鬼
天魔・大獄 三頭の虎
天魔・常世 巨大な芋虫
天魔・奴奈比売 巨大な触手を持つ女
天魔・紅葉 手から操り糸を出す鬼母神
天魔・悪路 巨大な笑う鬼
天魔・母禮 雷刀と炎刀を持つ四腕の巨人
丁禮・爾子 右目から血を流す銀狼
御門 龍明 ???(ラインハルトか?)


元ネタ

カムナガラ
神道の別名「惟神の道(かんながらのみち)」。
神道は森羅万象を神々の体現として享受する信仰であるため、
惟神の道とは神と共にあるの意味である。


関連項目

随神相を発現する存在。

関連タグ


リンク