虚空蔵天霊眼

作品名:神咒神威神楽
使用者:摩多羅夜行

神座万象シリーズに登場する能力。
超視力で別位相演算を可能とする両眼
その演算能力は大咒法ですら数言で終わらせ、術技に必要な因子すら無視する。




能力についての詳細

別位相演算

  • 陰陽術に必要な大演算を別位相で行う
    • 大咒法すら二・三言で発動させる。
    • 術に必要な条件を無視するか、無理矢理条件を合わせる。
天眼、正確には虚空蔵天霊眼という超視力で別位相の演算を可能にする
ため、並の者なら数百人掛かりで数日を要する大咒法の詠唱も、夜行は
たった二・三言で完了させる。それどころか特定の術には絶対必要な星
辰の条件さえ無視してしまい、むしろ己の都合で星の運行を支配するほ
ど彼の咒力は強大無比極まりない。


使用者との関連性

波旬の赤子

  • 波旬からもたらされた促進剤である印
    ——天を揺るがす哄笑に、夜摩閻羅天と号する太極はいとも
   容易く消失した。
    まるで、最初からそのようなものなど無かったかのよう
   に……
   夜行の会得した空の渇望が、幻となって薄れていく。
夜行「なっ——これは、なんと……!」
  「私の太極が潰えていくとでも——ッ」
波旬「違うな。俺の太極だ」
  「うむ。天眼がついているから、間違いないな。この塵で合っ
  ている」

  (中略)

波旬「俺の天狗道を構成するほんの太極。恵んでやろう、どれがい
   い?」


元ネタ

虚空蔵天霊眼
梵名アーカーシャ・ガルバ(आकाशगर्भ
仏教における信仰対象である菩薩の一尊。
広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩であり、叡智と知識のご利益があるとされる。


関連項目

虚空蔵天霊眼と同じく波旬からもたらされた力。

虚空蔵天霊眼によって異界法則に対応できるようになった陰陽術。

関連タグ


リンク