罪姫・正義の柱(神咒神威神楽)

マルグリット・ボア・ジュスディス
作品名:神咒神威神楽
使用者:天魔・夜刀

神座万象シリーズに登場する術技。
使用者の 随神相による轟哮
成層圏からの轟哮が地上にあるものに破滅の光となってを降りそそぐ。


+ 詠唱




術技についての詳細

破壊光

  • 随神相から放つ轟哮
    • 破壊光と化して、地表へ降り注ぐ。
    • 時間停止の波動を帯びているため、当たれば時間停止の圧を受ける。
 鎌首だけで大気圏を突破している大蛇神の像が、口蓋を開い
て破滅という名の轟哮を発した。
 その波動は総てを無慈悲に停止させつつ、破壊の光と化して
地表の俺へと叩き込まれる。


元ネタ

詠唱
前作のヒロインであるマルグリット=ブルイユが生涯口ずさんだ歌。
さらにその元ネタはフランス怪奇小説の 「罰当たりっ子」(L'enfart de la punition
父親が恩義のある聖職者をギロチンで処刑する際に、身籠っていた母親が詠唱のフレーズを
口ずさみながら出産したため、生涯このフレーズしかしゃべらなくなる子が、聖職者の処刑と同時に
誕生した。



関連項目

使用者の太極
あらゆるものを停止させる時間停止の理であり、罪姫・正義の柱もこの波動を帯びている。

術技の名前の基となったであろう

関連タグ


リンク