此久佐須良比失比氐罪登云布罪波在良自

かくさすらいうしないてつみというつみはあらじ
作品名:神咒神威神楽
使用者:天魔・悪路

神座万象シリーズに登場する術技。
あらゆる物質を分解する腐敗毒の奔流を流す
太極位階ですらないため使用者の太極の下位互換の術技と思われる。
前作では全く同じ名前の能力が登場したが、名前が1文字違う為、別々のページとした。

+ 詠唱




術技についての詳細

腐敗毒の奔流

  • あらゆるものを分解して腐泥へ変える奔流を放つ
    • 速度は音速、規模は一万の軍勢を纏めて分解できる規模。
    • 陰陽術の結界である程度の軽減はできるが、物質的な防御は不可能。
 青年の周囲に広がる闇は粘性を帯びた泥に似て、まるで原生
動物のごとく蠢き、捩れ、溢れ出し——
「此久佐須良比失比氐――罪登云布罪波在良自」
 一気に、その質量を数百倍へと爆発させた。
 泥が走る。闇が奔る。総てを攫う津波さながら、進行方向に
存在するあらゆるものを呑み込んで、音を超える速さで広がり
続ける。
 それは言うなれば、死滅という概念そのものだった。触れた
物は悉く、土も木々も石くれさえも、分解されて腐泥に変わ
る。


使用者との関連性

前作における腐敗毒の使い手

  • 前作の能力を使用するトバルカインに宿っていた魂の1人。

元ネタ



関連項目

前作の能力。何故か漢字が一文字違う。

使用者の太極

関連タグ


リンク