至高天・黄金冠す第五宇宙

グラズヘイム・グランカムビ・フュンフト・ヴェルトール
作品名:Dies irae
使用者:ラインハルト・トリスタン・オイゲン・ハイドリヒ=メフィストフェレス、イザーク=アイン・ゾーネンキント

神座万象シリーズに登場する能力。
死後の世界であるグラズヘイム(ヴェヴェルスブルグ城)を出現させ、周囲を飲み込む
グラズヘイム内では囚われた魂が 永遠に殺し合い、甦りを繰り返す修羅道の法則が流れている
ネタドラマCDでは平和だったが

+ 詠唱




能力についての詳細

地獄の現出

  • 死者を取り込み、城の中で無限再生させる異界の展開
    • 城そのものである使用者(ラインハルト・ハイドリヒ)と同化する。
      • 同化した死者は奴隷として戦いに駆り出される。
トリファ「奇跡の大元は、黄金たるハイドリヒ卿の内にある。すなわち不死を望めば
     吸収され、蘇生を望んでも吸収される。そこで彼の分身、奴隷となって、
     終わらない戦争に駆り出されるまま永劫に解放されない」
    「これを、我々は地獄と言う。無限の死者で溢れ返り、無限に膨れ上がって
     いく修羅の世界だ」
    「ハイドリヒ卿の創造位階……城と呼ばれるものがそれなのですよ。(以下略)」
  • 現世に顕現した瞬間に魂を抜かれる
    • スワスチカ第七開放後の創造で周囲の人間八十万人の魂を引き抜いた。
  あれが、あの城が出現した瞬間に街が死んだ。
  そこに存在していた総ての者も……
蓮「みんな、魂を抜かれた」
  • 異界展開後は周囲と隔絶される
    • 異界内では電子機器等の外部との連絡手段が一切絶たれる。
    • 異界外部からは展開された場所を認識できなくなる。
 彼の創造は諏訪原市全域を覆いつくし、今や完全に外界から隔離した。
 その以上に、気付けた部外者は一人もいない。

死者の使役

  • 取り込んだ死者を使役する
    • 城にいる髑髏達は武装させられる。
    • 城にいる髑髏達はあらゆるものへ変換できる。

+ 髑髏の手

+ マルセイユ

+ 第八——SS騎兵師団(フロリアン・ガイア―)

+ 第九——SS装甲師団(ホーエンシュタウフェン)

+ 第十——SS装甲師団(フルンツベルク)

+ 第二十四——SS武装山岳師団(カルスト・イェーガー)

+ 第三十六——SS擲弾兵師団(ディルレワンガー)

  • 他者の"創造"を発動できる
    • 総ての死者と同化しているため、それらの渇望と力を使用できる。
    • 発動は同時多発的に使用可能。
ラインハルト「その魂、その渇望、我が内海に溶けるいと小さき愛児たち……彼らは私
       で、私は彼らだ」
      「今や同化しているのだよ、我々は」
  • "創造"位階だった技は創造位階のまま
    • "流出"発動中でも偽神化していなければ元の位階の能力として発動する。
いかにラインハルトの流出だろうと、この技自体は創造だ。ならば理として、
俺のルールの方が上位にある。


ヴェヴェルスブルグ城について

髑髏の城

  • 髑髏の軍隊でできた魔城
    • あらゆるものが城に同化した髑髏達で構成されている。
歪む世界。響く詠唱。黄金に沸騰する海の中、湧きあがって来るのは百万を
超える髑髏の軍隊。
その一つ一つが折り重なって構成していく死者の城——
  • 既知世界の法から外れている
    • 初代ゾーネンキントの能力ある存在の力によって永久展開かつ世界法則から逃れている。
    • このため死者の再生はラインハルト、イザーク、メルクリウスが行える。
    • 城の中では死後の回帰が起きずに蘇る。
ここに滅の概念は存在せず、何者であれ無限に蘇り、何者であれ呑み込み続ける。まさに、彼の渇望
と破壊のルーンが、矛盾でありながらも合致している。“破壊し続けるための不変”と言えよう。
通常、創造位階によって創られた異世界は時間経過により消滅するが、ベルリン崩壊時に行った聖櫃
創造により、この城は決して自然消滅することがない。ラインハルトの肉体である聖餐杯にパスで繋
がった状態のまま永久に固定されている。
もはや流出の一歩手前にある究極の創造。
これはラインハルト、メルクリウス、初代ゾーネンキントの三者による合作であり、城内における死
者の無限再生は彼ら全員が行える。
もっとも、その再生速度や再現精度、不死創造という黄金錬成の巧拙には個人差があり、それはメル
クリウス、ゾーネンキント、ラインハルトの順である。

欠点

 刃が首に食い込んでくる。ここにきて、それだけの魂を突如喪失したとい
うことが、何の変調も起こさないなど有り得ない。
 シャンバラの総人口は、ラインハルトが核とする武装親衛隊の兵と同数で
ある。彼ら一人一人に喰らわせるための生贄が消えた。兵站を乱されれば軍
葉瓦解し、崩壊する。
 敵の胸を抉った聖槍も、当然その必殺性を薄められ——


使用者との関連性

創造の基となった渇望

  • 全力を出したいという渇望
    • 全力を出せる場として機能する異界。
  • 死生観念の共有
    • 必ず訪れる死と死に至るまでの人生を愛でるラインハルトの死生観を共有する。
渇望はメメント・モリ。これはいつか訪れる死の果て、そこに至る因果———すなわち他者の人生を愛
でると共に、逃れられない断崖を共有しろという彼特有の死生観で、有り体に言えば生と死の蒐集で
ある。
また、文武ともにあらゆる面で人の究極域と言って構わぬ性能を持って生まれたラインハルトは、己
が全力というものを発揮できず、それを振り絞れる機会も渇望していた。
このグラズヘイム・ヴェルトールは、彼が全力を出せる“場”の創造。


元ネタ

グラズヘイム(Gladsheimr
北欧神話に登場する宮殿。名前の意味は「喜びの世界」。
ヴァルハラにある第5の場所で、オーディンが死者を選別する場
とされる。

グランカムビ(Gullinkambi
北欧神話に登場する鶏。名前の意味は「金の鶏冠」。
ラグナロクの訪れが近づいた時に神々に向けて時を作り、警告を与える。
また、同じ時に「鳥の森」にいる赤い雄鶏フィアラル(Fjalar)はヨトゥンヘイムの巨人たちに向けて、「赤茶けた雄鶏」はヘルの死者達に向けてそれぞれ同様に警告を与える。

ヴェヴェルスブルグ(Wewelsburg
史実に登場するナチス・ドイツの高官で構成されたオカルト団体が使っていたとされる城。
内部には刻まれたルーンや円卓が存在する。

詠唱
聖書のマルコによる福音書第五章。
墓場に棲む男にレギオンという悪霊が憑りつき、男を苦しませたが、神の子によって
豚へと移り、断崖へと走ってそのまま海に落ちて溺れ死んだ。

レギオンたちの元ネタ

マルセイユ
ハンス・ヨアヒム・ヴァルター・ルドルフ・ジークフリート・マルセイユ大尉(Hans-Joachim "Jochen" Walter Rudolf Siegfried Marseille

 かつてアフリカの星と呼ばれた空軍エース。その警戒網を突破することな
ど不可能に近い

第9SS装甲師団 (ホーエンシュタウフェン(Hohenstaufen Geyer))
ナチス・ドイツの武装親衛隊の師団のひとつ。
第6回十字軍を率いて聖地イェルサレムを獲得したフリードリヒ2世(1194~1250年)から付けられた。
師団員の60~70%が18歳だったことと、満足に兵員の補充を受けられなかったことから
あまり武勇を発揮できなかった。

第10SS装甲師団(フルンツベルク(Frundsberg Geyer))
ナチス・ドイツの武装親衛隊の師団のひとつ。第9SS装甲師団ホーエンシュタウフェンと双子師団。
名はドイツ人の英雄ゲオルク・フォン・フルンツベルク(ドイツ傭兵師団ランツクネヒトの創始者)から。

第24SS武装山岳師団 (カルスト・イェーガー(Karstjäger))
ナチス・ドイツの武装親衛隊の師団のひとつ。
パルチザン掃討活動を任務とした山岳戦専門の部隊。
当初は各地方の民族ドイツ人からなる義勇兵により編制され、装備、訓練共に山中での戦闘を目指した部隊。
カルストヴェーア大隊(Karstwehr Battalion)から
師団へと格上げされた。

第36SS擲弾兵師団 ディルレワンガー(Dirlewanger
ナチス・ドイツの武装親衛隊の師団のひとつ。
民間人虐殺、略奪、婦女暴行等の悪逆を働いたことで有名。



関連項目

至高天・黄金冠す第五宇宙の能力分類。

至高天・黄金冠す第五宇宙の能力位階。

至高天・黄金冠す第五宇宙を発動させる聖遺物

ヴェヴェルスブルグ城と接続して聖約・運命の神槍を射出する創造。

発動した他者の創造


リンク