招き蕩う黄金劇場

アエストゥス・ドムス・アウレア
作品名:Fate/EXTRA
使用者:セイバー(=ネロ・クラウディス)

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する道具。
宝具のひとつ。形状は舞台。
自分にとって有利にはたらく舞台を生み出す宝具。
作中では生前築いた黄金の劇場を展開し、対象を閉じ込める。
観客があまりにも辛かった伝承からか、 劇場内に閉じ込められた者はステータスが低下する

+アエストゥス・ドムス・アウレアの詠唱1
我が才を見よ!
万雷の喝采を聞け!
インペリウムの誉れをここに!
咲き誇る花のごとく…… 開け! 黄金の劇場よ!!


+アエストゥス・ドムス・アウレアの詠唱2
レグナム カエロラム エト ジェヘナ
Regnum Caelorum Et Gehenna ……

築かれよ我が摩天! ここに至高の光を示せ!


+アエストゥス・ドムス・アウレアの詠唱3
我が才を見よ

万雷の喝采を聞け

座して称えるがよい! 黄金の劇場を!!


+アエストゥス・ドムス・アウレアの詠唱4
この一輪を手向けとしよう

舞い散るが華、斬り裂くは星!

これぞ至高の美……しかして讃えよ!ドムス・アウレアと!!


+ヌプティアエ・ドムス・アウレアの詠唱
春の陽射し、花の乱舞!

皐月の風は頬を撫で、

祝福の鐘はステラの彼方まで――

待ちに待った勝利の時だ!

開け、

ヌプティアエ・ドムス・アウレアよ―――!





宝具についての詳細

基本性能

宝具のランク B
種別 対陣宝具
レンジ 30、60、90
最大捕捉 百人、五百人、千人
宝具による効果 自分の願望に沿った舞台の具現

来歴

  • 生前建築させた劇場
    • 生前のセイバーが皇帝として建築させた 誰得の 劇場
      • 建築させたという伝承が下記の舞台創造の能力となっていると思われる。
生前、ネロがローマに建設した劇場を魔力によって形成・再現したもの。
ネロが自ら設計した劇場はドムス・アウレアと名付けられた。

しかし。この劇場を開いた時、一度目は多くの観客が途中で去ってしまった。それに憤慨したネロは二度目の公演時
に出入り口をすべて封鎖し、舞台の幕が下りるまで一人たりとも外に出さなかったという。

皇帝である前に自分を「楽神アポロンに匹敵する芸術家」「太陽神ソルに匹敵する戦車御者」と信じて疑わなかった彼
女のみがなせる、固有結界とは似て非なる大魔術。自己の願望を達成させる絶対皇帝圏。

舞台創造

  • 任意の舞台を創造する宝具
    • 使用者の調整次第で黄金の劇場以外にも様々な舞台が創造できる。
セイバー「余の宝具は舞台を生み出す能力。
出力と方向性と味わいを調整すれば、
このようなことも可能よ!」
  • 作中では 生前に建築させた黄金劇場を展開する
    • ステータスの低下、使える術技の拡張などの使用者にとって有利に働く効果や演出がなされる。
 すべてが赤セイバーにとって有利に働く黄金劇場を
作り上げ、戦場とする。薔薇とかもバンバン散る。

その他特性

鮮血魔嬢との共演
  • 密室空間内での超音量かつ超音波の竜の息吹
    • 観客の耳は死ぬ。
    • 観客の感性も死ぬ。
黄金劇場とのコラボだけは許してはいけない。

非固有結界
  • 世界への影響力が小さい
    • 世界を上書きせずに世界の上に空間を作りあげる。
      • 固有結界と異なり、世界の修正を受けず、長持ちする。
 固有結界と似て非なるもの。一時的に世界の上に別
世界を上書きする固有結界と違い、世界の上に一から
建築するのでたいへん長持ちする。


ヌプティアエ・ドムス・アウレア

純白白銀の聖婚式(コンジュカリスカエリモニア)

  • 霊子虚構世界の教会を展開する
    • 結婚式を行うために造れるようにしたらしい。 末永く幸せにしてろ!
セイバー「うむ!
     宮殿ではそなたが引くと思い、
     慎ましやかな教会にしてみたぞっ!」
    「ローマ式でないのは流すがよい。
     身近にあったリソースは
     SE.RA.PHの教会しかなかった故な。」
    「だが、これぞ純白白銀の聖婚式!
     今風に言うとブライダル、であろう!?」


その他亜種

用途に応じた舞台

  • 用途に応じて舞台を変える
    • ドラマCDではクイズ番組のセットを丸々用意した。
 亜種として工芸品を作りあげるための「白銀工房」、
料理勝負をするための「灼熱厨房」などがあるとかな
いとか。


元ネタ

アエストゥス(Aestus
ラテン語で「炎」、「情熱」を意味する語。

ドムス・アウレア(Domus Aurea
ローマ帝国第5代皇帝ネロ・クラウディス・カエサル・アウグストゥル・ゲルマニクス建設した黄金宮殿。

ヌプティアエ(Nuptiae
ラテン語で「結婚式」を意味する語。

コンジュ・カリス・カ・エリモニア(Conju caris cum caerimonia
ラテン語で「愛する者との結婚式典」を意味する文。


関連項目

招き蕩う黄金劇場の道具分類。

皇帝としての使用者のスキル。

似て非なる宝具。
招き蕩う黄金劇場が自分の好きな舞台を創造する宝具なのに対して、
鮮血魔嬢は自分の好きなかたちへ舞台を改造した宝具である。

関連タグ


リンク