聖櫃(Dies irae)

スワスチカ
作品名:Dies irae
使用者:氷室、イザーク・アイン=ゾーネンキント

神座万象シリーズに登場する道具ないしは土地。
聖遺物のひとつ。作品の舞台である諏訪原市内にある霊的スポットを指す。
ベルリンでの場所はカイザー・ヴィルヘルム教会、ブランデンブルク門、帝国議会議事堂、ベルリン大聖堂、
シャルロッテンブルク宮殿、ジーゲスゾイレ、バウハウス、ペルガモン博物館。
諏訪原市での場所は博物館、公園、ボトムレス・ピット、学校、教会、遊園地、タワー、病院。
エイヴィヒカイトではなく、使用者の血統で動く聖遺物であるため聖遺物は破棄出来ず、使用者も常人のまま。




道具についての詳細

都市規模の聖遺物

  • 都市そのものが聖遺物
    • 作中ではベルリン、諏訪原市が聖遺物と化している。
    • 条件を満たすことで方陣を描く聖遺物。
ラインハルト「黄金の錬成。錬成陣……シャンバラは私の理想を内から流れ出させる契約
       の箱だ。聖典に言うところの、聖櫃。つまり都市規模の聖遺物に他なら
       ん」

生贄祭壇

  • 大量の魂を散らすことで解放される八つの祭壇
    • 多くの魂を散華させるとで方陣と化す。
      • 地図上で鉤十字となるように八ヵ所存在する。
シュピーネ「なぜ我々が人を殺し、魂を簒奪するか……答えは単純な足し算ですよ。千人分の命を持てば、千倍の生命力を獲得できる
      このシャンバラで起こるのは、そのストックを増やすための殺人競争遊戯です。大量の魂が散華した場は戦場跡として方陣と化し、それが八つ揃えばあの五人が戻ってくる。そして奪った魂に相当する、新たな力を授けてくれる」

解放条件

  • スワスチカ内で散る数多の魂
    • 解放には300人より多くの魂を集める必要がある。
    • 魂の質が上質であれば、生け贄の人数は減る。
リザ「そう、スワスチカは私たちの死でも開く。
   要は、大量の魂をその場で散らしてしまえばいい。そういうことなら」

(中略)

ヴィルヘルム『マレウスが集めたのは三百人……それっぽっちの劣等じゃあ、俺の腹は膨
       れねえ。ここのスワスチカは開かねえ』

+ 魂の質

  • 戦場であること
    • 魂は戦場で散らさなければならない。
    • 武器や戦意がある状態で散ることにより最高の霊格で解放される。
      • 武器も戦意もない状態でも無理矢理開くことが可能だが、霊格は落ちる。
櫻井螢「スワスチカを開くのは戦場……武器も戦意もない普通人を捧げたところ
    で、そう簡単には開かないし、何百人も使って無理矢理こじ開けても霊格
    的には落ちるでしょう」
   「だから、私達には戦いが要るの。あなたという敵がいて、そこに巻き込ま
    れる人がいて、大量の血と魂が散華すれば、そこは戦場跡として方陣と化
    す」
   「といっても、それが最良というだけで、あなたがいなければどうにもなら
    ないわけじゃない」
   「戦場予定地に敵がいなければ民間人を、それさえいないのなら仲間同士で、
    結局スワスチカはこじ開ける。多少霊格が落ちようが、総てそうでもない限
    り許容範囲……副首領閣下の術に穴は無く」

解放後

  • 解放後は高濃度汚染される
    • 解放直後は比較的に清浄だが夜には魔境と化す。
    • 真っ当な神経の持ち主ならば近付く気すら起きない。
      • それでも近付くと障りを起こす。
櫻井螢「普通、スワスチカが開いた場所は、真っ当な神経の持ち主なら立ち入れな
    いくらい汚染されるものなんだけど、ここはホールに集中したから、それ
    以外は無事のようね。綾瀬さんに障りを起こさせたくなかったら、あそこ
    には近づかせないほうがいい」
  • 散華した魂の質で汚染の性質が変わる
    • 吸血鬼が死ねば夜には怨念と呪詛で満たされた魔境と化す。
 第五番目のスワスチカ……ここは常人ならば立ち入れないほどの汚染区域
と化していた。どうもその性質は散華した魂によって変わるらしく、ここは
特にそれがきつい。根城にしているクラブのホールより、数段禍々しい気配
が満ちている。
 ヴィルヘルムと、彼が集めた魂によって開かれた場であるゆえに、辺り一
帯が呪詛と怨念と憤怒と憎悪で煮えくり返っていた。

 事実、注文の品を運ばせるために呼びつけたトラックの運転手など、校門
を潜った瞬間に嘔吐して失禁したほどである。(中略)エ
リーや生き残りの一般生徒達が耐えられたのは、午前中という陽性の気が強
かった時間帯と、開いた直後で本格的な異界化がまだ甘かったからという理由
に他ならない。深夜の学校は、もはや完全に一種の魔境と化していた。


使用者との関連性

解放時のフィードバック

  • 六ヵ所以上解放すると陣痛が始まる
    • 女性であれば未体験だろうと本能的に理解する。
 そう、この痛み、この倦怠感、決して男には分からない。
 玲愛自身初体験の感覚だったが、本能的にこれが何かは理解できる。女な
ら、おそらく誰もがそうだろう。
 つまり産みの苦しみ、陣痛だ。
  • 戦争奴隷たちへは聖槍によって刻まれた聖痕にフィードバックがゆく
    • 血液が吹き出し、激痛が襲う。
「我々の聖痕は聖槍に貫かれた証であり、服従の印です。大隊長らは、そ
の誓いを我々の数倍強く受けている。ゆえに、破る者を許さない。

 (中略)
 聖痕が疼く。血を流す……これはすなわち、ハイドリヒ卿がご帰還なされ
るという前兆であり、スワスチカが機能しだしたという証です」


元ネタ

スワスチカ(Swastika
ドイツ語で「卍」、「鉤十字」を意味する語。

聖櫃
キリスト教で聖人の不朽体が納められた、装飾された箱。


関連項目

聖櫃の道具分類。

聖櫃総ての解放によって発動する"流出"

関連タグ


リンク