焦熱世界・激痛の剣

ムスペルヘイム・レーヴァテイン
作品名:Dies irae
使用者:エレオノーレ・フォン・ヴィッテンブルグ、ラインハルト・トリスタン・オイゲン・ハイドリヒ=メフィストフェレス
独表記:Muspellzheimr Lævateinn

神座万象シリーズに登場する能力。
位階は"創造"。発現は覇道型。
出口のない世界を展開して内部を焼き尽くす 能力。
また、第二次世界大戦時は雑魚を露払い・一掃するために 命中するまでどこまでも広がる爆炎
という余技として発動させている。

+ 旧詠唱

+ 真詠唱

+ ラインハルト詠唱




余技の能力について

無限規模の爆炎

  • 命中するまで着弾時の爆心が広がり続ける
    • 戦争用の枷として露払い用に編み出した能力。
「無限に広がり続ける爆心だと? ああ、そんなものも確かにあったな。
 あれは戦争用の制約にすぎん」

 広域を巻き込み都市規模の破壊を起こす戦略兵器。戦時中はそれが求めら
れたからそうなっただけのこと。
 だが本来、ヴィッテンブルグの家門は勇武を重んじる騎士である。
 誉は決闘。一対一。しょせん広がり続ける爆心などは、取るに足らぬ雑
兵連れを払うための余技でしかない。


真の能力についての詳細

必中する焦熱世界

  • 出口のない焦熱世界での全範囲攻撃
    • 溶鉱炉の如く燃やし溶かし沸騰させる熱風が舞う世界。
    • 閉じた世界内に業火を放つことで回避不可能=必中の攻撃となる。
 魔城の景観は一変し、対峙する二人を残して周囲は赤き灼熱の国へと変じ
ていた。
 ここはまるで溶鉱炉。あらゆるものが溶けて燃え、沸騰して熱風と化す。
 出口などない。避難場所もない。地平線すら揺らぐ広大な空間であるにも
拘わらず、まるでトンネルのような閉塞感に満ち満ちている。

(中略)

 エレオノーレの遥か後方、煮え滾る獄炎の壁が火砕流のごとく迫ってく
る。
それで、ベアトリスは理解した。

(中略)

 ドーラ列車砲“狩りの魔王”——800mmの砲弾が走り抜け、長さ30メートル
にも達する怪物の口中に呑まれたことを。
  • 最大威力で核熱と同等
 そして放たれる獄炎の砲弾——同時にムスペルヘイムの燃焼は極限に達
し、マキナでさえ咄嗟に払えない密度で燃え上がる。間一髪回避したシュラ
イバーすら、着弾と共に弾ける焔からは逃げられない。
 いま、方陣直下の限定した空間内で、核に等しい熱量が爆発した。

偽神化

 再度紡がれる異次元の言語。それはおそらく、この男がまだ人であったと
き、別の“座”が存在した時空で使用されていたものなのだろう。
 すなわち旧神を滅却した業に他ならない。ラインハルトが“それ”と同
等以下ならば、間違いなく死に至る。

(中略)

「Muspellzheimr Lævateinn」

 ぶつかり合う業火と業火。規模の桁は遥かに違うが、しかし彼女には愛が
ある。主を思う忠がある。
 ただ燃やし尽くされるだけの雑魂などでは断じてない。


使用者との関連性

創造の基となった渇望

  • 輝かしいものに焼かれていたい
 追いかける側の人間とはベアトリスが言ったことだが、それはエレオノー
レにも言えることだ。
 思考の黄金に焦がれ、狂い、その輝きに永劫焼かれ続けることを渇望し
た。

 逃げる気などない。引き返す気もない。何処までも果てまでも追い続け、
何時までも永久までも焼かれていたい。


元ネタ

ムスペルヘイム(Muspellzheimr
北欧神話に登場する世界。炎に包まれた巨人の世界。

レーヴァテイン(古ノルド:Lævateinn
北欧神話に登場する剣(槍、杖とも)。
雄鶏ヴィゾーヴニルを殺す事が出来る唯一の武器だが、この武器を手に入れるために雄鶏ヴィゾーヴニルを殺して
尾羽を手に入れなければならないという堂々巡りの武器。

詠唱(余技)
カール・マリア・フォン・ウェーバーのオペラ『魔弾の射手』の第3幕6場 第15番 "狩人の合唱「狩人の喜びは」"の歌詞。
ちなみに最後のDie Bewunderung der Jugendは魔弾の射手には存在しない。 だれか情報求ム

詠唱(真)
リカルト・ワーグナーの戯曲『神々の黄昏』の台詞。
ブリュンヒルデがジークフリートの死後に炎で黄金の穢れを払い、ヴァルハラを焼き尽くすシーンの台詞。


関連項目

焦熱世界・激痛の剣の能力分類。

焦熱世界・激痛の剣の能力位階。

焦熱世界・激痛の剣を発動させる聖遺物

次回作の焦熱世界・激痛の剣。
修羅曼荼羅の眷族として属した際の能力。

次回作の焦熱世界・激痛の剣。
永遠の刹那の眷族として属した際の能力だが、作中では棄てており戦闘では使われない。

関連タグ


リンク