"形成"

イェツラー
作品名:Dies irae
用語分類:能力位階
独表記:Yetzirah

神座万象シリーズに登場する用語。
エイヴィヒカイトの位階の1つ。
全四段階中二段階目。 聖遺物を武装として具現化させる




詳細

"活動"からの武装強化

再度走るワイヤー。それに“活動”をぶつけ、相殺を試みる。
  • 武器として形成されるため武器の視認が可能となる
    • 攻撃速度が常人の動体視力を超えるので攻撃自体は視認不可能。
      • 活動位階の攻撃に対応できる相手ならば、武器の可視・不可視はあまり関係ない。
 最初の一発目は勘だった。続く二発目は運だった。形成したことで視認可能
になったとはいえ、そもそも速さが動体視力を超えている。ならば見えないこ
とに変わりなく、威力が倍増しになってる分その危険度は比較にならな
い。


元ネタ

イェッツラー(Olahm Ha-Yetzirah
カバラ思想にある位階の一つ。形成、表現世界を指す。


関連項目

"形成"を位階のひとつとする能力分類。

エイヴィヒカイトにおける第一位階。
聖遺物の特性を肉体へ乗せる。

エイヴィヒカイトにおける第三位階。
聖遺物の特性と使用者の渇望から異界法則を生み出す。

エイヴィヒカイトにおける第四位階。
創造位階で生み出した理を全世界へ流れ出させる。

常時形成状態の聖遺物

どちらも肉体そのものが聖遺物であるため形成状態となる。

リンク