壷中聖櫃・不死創造する生贄祭壇

ハイリヒアルヒェ・ゴルデネエイワズ・スワスチカ
作品名:Dies irae
使用者:イザーク=アイン・ゾーネンキント、氷室玲愛、綾瀬香純
独表記:Heilige Arche Goldene Eihwaz Swastika

神座万象シリーズに登場する能力。
位階は"流出"ヴァルハラ流出を行うための能力であり、
イザークは ヴァルハラの永久展開及びラインハルトの肉体を不変にし
氷室玲愛は イザークによって永久展開されたヴァルハラを現世へ流出して既存世界を破壊する 役割を担う。
綾瀬香純は氷室玲愛の劣化版であり、本来ならば使用すら不可能だが、
聖槍によって氷室玲愛がゾーネンキントの役割(産道)を破壊されることで、ゾーネンキントの資格が移り変わり、
その間使用可能となる。

+ 詠唱




ヴァルハラの永久展開(イザーク=アイン・ゾーネンキントの役割)

創造の永久展開

「ハイドリヒ卿の創造位階を、我らは“城”と呼んでいる。イザークはそれ
を永久展開させたのだよ、ベルリンを生贄にしてね」
「時間にも外圧にも崩されない。確固世界として在る以上、当然城は“こち
ら”とずれる。通常の創造なら、長くとも数時間、その辺りが限界なのだ
が、ハイドリヒ卿のそれは六十年間消えていない。今や完全に一つの異界
だ。
 イザークの魂、その核は城にあるが、抜け殻はすでに死んだ。つまり—
—」


現世へ流出(氷室玲愛もしくは綾瀬香純担当)

"創造"の全宇宙永久展開

「(前略) 蘇生。復活。再構築。この城で果てた者をこの城の中に限り、際限なく再
現して錬成し増殖させる。卿らの求めた真なる聖櫃による祝福とは、それを
城の外でも起こすことだ。
 いや、この城を外に流れ出させると言うべきかな。どちらにせよ大差な
 い」

現世流出時の形容

  • ヴェヴェルスブルグ城が変容する
    • 城が拡散して天を覆う方陣となる。
      • 天の総てを塗り潰すために拡大する。
遥か上空、夜を圧していた髑髏の城が消えている。
解かれ、ばらばらとなって拡散し、天を覆いつくす方陣へと変わっている。
それが、徐々に拡大を始めていた。
流れ出ようとしている。この街から外へ、世界へ、総ての空をその色へ塗
り潰すために。
これが不死創造。これが真の錬成陣。

魂のパイプライン

  • 異界のそのものの操作
    • 異界もしくはその一部を現世へと出し入れする。
      • 異界内の魂のみを吸い上げ、現世へと送ることが可能。
 グラズヘイムを産む子宮と産道。その効果とは、すなわち異なる世界を繋ぐ
パイプ役だ。
 ゆえに吐き出すことも出来れば吸い上げることも出来る。
  • 産道が狭いと完全に流出できない(綾瀬香純Ver.)
    • 城全体およびラインハルトや大隊長が出陣できない。
    • ヴァルハラからほんの一握り程度の魂しか吸い上げられない。
「何にせよ、無駄なことはやめたまえ。君は獣の軍勢を流出させうる器では
ない。せいぜい彼の海から一滴二滴、その辺りが関の山だ。(以下略)」
  • ヴァルハラに繋がる創造を使用した時に一時的に城へと繋がる。
    • 発動条件を満たしておらず、かつ正統なゾーネンキントでなくても異界内の任意の魂を吸い上げられる。
 トリファが聖餐杯の鎧を解き、城から槍を召喚する一瞬の亀裂。
 その向こうに渦巻いている魂から、香純は目的のものを見つけたのだ。
 たとえ正統でなかろうと、それは今現在のゾーネンキントであったからこ
そできた芸当に他ならない。

発動条件

  • 産道がメメント・モリを感じる
    • 死か生のどちらかを渇望すること。
「死を想え——それはテレジアの恐怖。テレジアの執着。彼女が希望ないし
絶望を知り、生死のどちらかを“渇望”した瞬間に、大隊長殿らは招かれ
る」

欠点

  • 生に執着しなければ産道が塞がれる
    • 生きたいと願った刹那でなければ使用できない。
 第五のスワスチカ開放。その瞬間こそが大隊長出陣の時。
 加えて、“もう一つの条件”は反転した。死を想うこと……玲愛の中でそ
の天秤が生に傾き、生きたいと願った刹那でなければ事を成せない。


使用者との関連性

ゾーネンキントの資格

  • 太陽の御子(ゾーネンキント)の血族。
    • ゾーネンキントになる資格を有している。
  • 使用した者は必ず地獄行となる。
 強き少女よ、地獄がそれほど知りたいなら、いつか見せてさしあげよう。

 君は死ねば魔城に堕ちる。ゾーネンキントになるとはそういうことだ。


元ネタ

ハイリヒアルヒェ(Heilige Arche
ドイツ語で「聖櫃」を意味する語。

ゴルデネ(Goldene
ドイツ語で「黄金」を意味する語。

エイワズ(Eihwaz
ルーンの一つ。イチイの木のルーンであり、意味は「防御」、「不死」、「転換」、「復活」等がある。

スワスチカ(Swastika
ドイツ語で「卍」、「鉤十字」を意味する語。

ゾーネンキント(Sonnenkind
ドイツ語で「太陽の子」を意味する語。
ナチス・ドイツではヒトラーを太陽としてその子供をゾーネンキントとも呼んだ。

詠唱
グスタフ・マーラーが作曲した交響曲第2番の第五楽章歌詞。
この交響曲は一般的に「復活(Auferstehung)」という表題が付されており、第五楽章では、
「怒りの日」に「太陽」によって照らし出された「英雄」の「墓」から死者が黄泉帰り死者の行進を行う。


関連項目

壷中聖櫃・不死創造する生贄祭壇の能力分類。

壷中聖櫃・不死創造する生贄祭壇の能力位階。

壷中聖櫃・不死創造する生贄祭壇を発動する聖遺物

次回作に登場する壷中聖櫃・不死創造する生贄祭壇。
こちらは天魔・夜刀の軍勢変生で神格級まで強化されている。


関連タグ


リンク