血の伯爵夫人

エリザベート・バートリー
作品名:Dies irae
使用者:ルサルカ・シュヴェーゲリン=マレウス・マレフィカルム、遊佐 司狼

神座万象シリーズに登場する武器。
聖遺物のひとつ。形状は日記。
エリザベート・バートリーの拷問日記。
拷問に関する妄念が詰まっており、"形成"位階では複数拷問処刑器具の形態も特異な形を取る。
ルサルカが使用する場合は事象展開型の聖遺物として 遠隔で虚空から複数の拷問器具を出現させる
遊佐司狼が使用する場合は人器融合型の聖遺物として 人体から拷問器具を発する
作中で登場した拷問機具は鎖,針,車輪,桎梏,短刀,糸鋸,毒液,椅子,漏斗,螺子,仮面,石板。




武器についての詳細

来歴

  • エリザベート・バートリーの日記
    • 拷問器械(ペインアート)を使った拷問の日々を綴っている日記。
    • "形成"位階では日記に記載された拷問器械を操ることが可能となる。
 名を血の伯爵夫人——血を抜き、集めることに特化した、狂った伯爵夫人
のコレクション。
 晩年、窓一つない自城の密室に幽閉されて、死に直面した彼女が綴った悪
夢の手記だ。
 あらゆる拷問具と拷問法が網羅された、それは血と絶叫に彩られた阿鼻叫
喚の呪書である。

共通性能

  • 総ての拷問具を破壊されなければ聖遺物の破壊にならない
    • "形成"位階ならばダメージのフィードバックがある。
    • "創造"位階以降ならばダメージは皆無。
ルサルカ「でしょうね。まあそれでも、形成位階の頃は顕現させた拷問器具のダメー
     ジも、あたしの肉体にフィードバックしてたから、さほど万能ってわけで
     もないのよ」

     (中略)

     視界を埋め尽くした鎖の波濤を寸断していくものの、まるで効いている気配
     がない。


事象展開型時の能力

拷問具召喚

  • 日記に記されている情報から拷問具を召喚する
ルサルカ「——形成」
    同じく、聖遺物を形成する言葉がルサルカの口から漏れた。

    (中略)

    それ自体を武器として振り回すのではなく、それを魔道たらしめている記載情
    報を用いて発現するイカレた絵本。そう考えた瞬間、俺の中で一気に全ての辻褄が合い始めた。
    鉄の処女。拘束用の鎖。赤黒い棘。
    今までルサルカが出した獲物、その全てに共通していたのは——
蓮   「拷問具っ……そうか、そいつに記されているのは!」
ルサルカ「ええ、ご明察。わたしの聖遺物はエリザベート・バートリーの日記なのよ」
ルサルカ「彼女が晩年、それらの拷問器具を使用して愉しんだ経歴が赤裸々に書き綴っ
     ているわけ。だから、ねえ、あとはもうわかるでしょう?」

召喚した拷問器具

+ 車輪

+ 

+ 石板

+ 鋼鉄の処女

+ 


人器融合型時の能力

拷問器具の放出

  • 人体から拷問器具を具現化させる
    • 手から鎖、腹から鋼鉄の処女等、人体の至るところから拷問器具を出せる。
    • 所有している銃の弾丸等に拷問器具の力を付与できる。

+ 

+ 聖遺物の弾丸

+ 鋼鉄の処女


元ネタ

エリザベート・バートリー
チェコのハンガリア城に住んでいたという伯爵夫人。
拷問器械で多くの少女を殺し、その血を啜ったことから吸血鬼のモデルにもされたことがある。
有名な拷問機具のひとつ、「鋼鉄の処女(アイアンメイデン)」も彼女が製作させたとされている。


関連項目

血の伯爵夫人の武器分類。

血の伯爵夫人から発動する"創造"

異世界のほぼ同名の城。

関連タグ


リンク