血の伯爵夫人

エリザベート・バートリー
作品名:Dies irae
使用者:ルサルカ・シュヴェーゲリン=マレウス・マレフィカルム、遊佐 司狼

神座万象シリーズに登場する武器。
聖遺物のひとつ。形状は日記。
エリザベート・バートリーの拷問日記。
拷問に関する妄念が詰まっており、"形成"位階では複数拷問処刑器具の形態も特異な形を取る。
ルサルカが使用する場合は事象展開型の聖遺物として 遠隔で虚空から複数の拷問器具を出現させる
遊佐司狼が使用する場合は人器融合型の聖遺物として 人体から拷問器具を発する
作中で登場した拷問機具は鎖,針,車輪,桎梏,短刀,糸鋸,毒液,椅子,漏斗,螺子,仮面,石板。




武器についての詳細

来歴

  • エリザベート・バートリーの日記
    • 拷問器械(ペインアート)を使った拷問の日々を綴っている日記。
    • "形成"位階では日記に記載された拷問器械を操ることが可能となる。
 名を血の伯爵夫人——血を抜き、集めることに特化した、狂った伯爵夫人
のコレクション。
 晩年、窓一つない自城の密室に幽閉されて、死に直面した彼女が綴った悪
夢の手記だ。
 あらゆる拷問具と拷問法が網羅された、それは血と絶叫に彩られた阿鼻叫
喚の呪書である。

共通性能

  • 総ての拷問具を破壊されなければ聖遺物の破壊にならない
    • "形成"位階ならばダメージのフィードバックがある。
    • "創造"位階以降ならばダメージは皆無。
ルサルカ「でしょうね。まあそれでも、形成位階の頃は顕現させた拷問器具のダメー
     ジも、あたしの肉体にフィードバックしてたから、さほど万能ってわけで
     もないのよ」

     (中略)

     視界を埋め尽くした鎖の波濤を寸断していくものの、まるで効いている気配
     がない。


事象展開型時の能力

拷問具召喚

  • 日記に記されている情報から拷問具を召喚する
ルサルカ「——形成」
    同じく、聖遺物を形成する言葉がルサルカの口から漏れた。

    (中略)

    それ自体を武器として振り回すのではなく、それを魔道たらしめている記載情
    報を用いて発現するイカレた絵本。そう考えた瞬間、俺の中で一気に全ての辻褄が合い始めた。
    鉄の処女。拘束用の鎖。赤黒い棘。
    今までルサルカが出した獲物、その全てに共通していたのは——
蓮   「拷問具っ……そうか、そいつに記されているのは!」
ルサルカ「ええ、ご明察。わたしの聖遺物はエリザベート・バートリーの日記なのよ」
ルサルカ「彼女が晩年、それらの拷問器具を使用して愉しんだ経歴が赤裸々に書き綴っ
     ているわけ。だから、ねえ、あとはもうわかるでしょう?」

召喚した拷問器具

+車輪
  • 直径五メートルの車輪
    • スパイクが付いているため、道を砕きながら移動する。
    • 時速360~600キロメートルで移動している相手に追いつく
 車輪である。そうとしか説明できない。
 直径五メートルにも達するそれは、禍々しいスパイクでアスファルトを噛
み砕きながら、やはり前方の存在を追っていた。


+
  • 長く伸びる鎖
    • 追跡して対象を捕らえる。
現れたのは、長く歪な鉄の鎖。まるでそれ自身に意志があるように、加速し
た俺の動きを追尾してくる様は、情念にも似た念を感じさせた。


+石板
  • 圧殺と刺殺の石板
    • 石板は棘で覆われている。
      • 左右から2枚の石板で押し潰して圧殺する。
      • 石板で押し潰すことで棘を刺し、刺殺する。
疑問は一瞬。出現した表面を棘で覆った巨大な石壁を前に霧散する。
右側と左側に一つずつ、刺殺と圧殺を両立した処刑具が高速で閉じきる前に、渾身こめて跳躍した。


+鋼鉄の処女
  • 対象を捕食するアイアンメイデン
    • 対象を抱擁して串刺しにした後にそのまま喰らう。
影の中から、鋼鉄の塊が実体を持って立ちあがってくる。それは乙女を模し
た拷問具で、抱擁するように腕を開いて……


+
     巨大な石板と、針と呼ぶにはあまりに長く鋭い槍のような金属塊が襲い掛か
     る。石板を躱し、針を振り払おうとした俺の左腕から肉が消えた。

     (中略)

     針は触れるだけで、まるで酸のように服を溶かし肌を焼く。



人器融合型時の能力

拷問器具の放出

  • 人体から拷問器具を具現化させる
    • 手から鎖、腹から鋼鉄の処女等、人体の至るところから拷問器具を出せる。
    • 所有している銃の弾丸等に拷問器具の力を付与できる。

+
  • 一息で射程距離限界まで伸びる鎖
 鎖が走る。蛇行するそれは一息で二十メートルまで伸びきった。裏を返せ
ば、それが現時点における射程距離の限界なのだが。
  • 10トンの張力に耐える。
 徐々に、徐々にだが引き寄せられる。実にこの時、鎖にかかる張力は悠に
十トンを超えていた。


+聖遺物の弾丸
  • 毒液、針の銃弾
    • 毒液は触れた対象を融かす。
    • 針は命中までに爆裂して針の散弾となる。
 ただの弾丸なら躱すまでもないのだが、これはまったくの別物だ。
 一発一発に、聖遺物の特性を乗せている。
 まだ癒えきっていない腕の銃創こそがその証。

「——最初は毒液。
 そして今は——」

 瞬間、目前に迫った50AE弾が轟音と共に爆発した。

「——針かッ」

 散弾のように飛び散ったそれは、数十を超える針と化した。一撃の殺傷力
こそ低いものの、目にでも中ればただではすまない。当然、狙いはそこだろ
う。


+鋼鉄の処女
  • 体内に作り出せる口
    • 口の内部は鋼鉄の処女のように無数の牙が生えている。
      • 口に入ったものを串刺しにして血肉を喰らう。
 呟く司狼の胸には、巨大な穴が開いていた。外周に無数の牙を生やしたそ
れは、さながら魔物の口である。そこに入った者は串刺しになり血を搾り取
られ、比喩ではなく食い殺される死の顎。
 血の伯爵夫人の代名詞とも言うべき、最悪の拷問処刑具——
 その名を、鋼鉄の処女。
  • 喰らったものを糧にして回復できる
    • 破壊された他の拷問処刑具も復元可能。
    • 回復・復元には時間が必要。
 胸に攻撃を受けたのも、ここへ誘い込むための罠にすぎない。おかげで安
くない傷を負ったが、食い千切ったヴィルヘルムの腕を糧にすれば復元する
ことも可能になるのだ。



元ネタ

エリザベート・バートリー
チェコのハンガリア城に住んでいたという伯爵夫人。
拷問器械で多くの少女を殺し、その血を啜ったことから吸血鬼のモデルにもされたことがある。
有名な拷問機具のひとつ、「鋼鉄の処女(アイアンメイデン)」も彼女が製作させたとされている。


関連項目

血の伯爵夫人の武器分類。

血の伯爵夫人から発動する"創造"

異世界のほぼ同名の城。

関連タグ


リンク