ハッカー(赫炎のインガノック)

作品名:スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)
用語分類:職業分類

赫炎のインガノックに登場する用語。
数秘機関を用いて機関の持つ情報を引き出せる人材 を指す。
上級ハッカーにもなれば、自在に情報を引き出す事も可能。




ハッカーについて

情報蒐集者

  • 数秘機関を脳に埋め込んだ者
    • 脳内の数秘機関からあらゆる情報書庫へとアクセスする者。
    • 脳に数秘機関を埋め込む手術ができる医者が必要。
情報を貪る者。
その名はハッカー。
荒事屋の一種にして卓越した情報蒐集者。
彼らは脳内に数秘機関を埋め込み、
あらゆる場所の情報書庫に接続する。
  • 機関接続によって数多の情報と接触できる
    • 意識を数秘機関に集中するだけで情報を引き出せる。
——まず、機関接続とは。
接続用数秘機関を肉体に埋め込むことで
得られる、計算機関や情報機関と同調し、
各種の情報を引き出す機能。
計算機関などに手を触れて、意識を
数秘機関に集中することで機能が起動する。
初球の接続用数秘機関はごく小さなものを
頭脳(後頭葉)に埋め込むもので、
手術痕は髪に隠れるため殆どわからない。

(中略)

上層によって禁じられた“上級”の
数秘機関については、
脳の一部を置換する大手術が必要となる。
失敗による死亡率が極めて高い手術だが、
もしも手術に成功すれば——
その人間は多くの計算機関を瞬時に操り、
超人的な情報処理能力を得られるだろう。


元ネタ

ハッカー(hacker
主にコンピュータや電気回路一般について常人より深い技術的知識を持ち、
その知識を利用して技術的な課題をクリア(なかったことに)する人々のこと。


関連項目

情報体のクリッターにしてハッカー。
ハッカーにとっての死神。

関連タグ


リンク