宝石を使ってテレポートできるよ

作品名:魔法少女育成計画シリーズ
使用者:二代目ラピス・ラズリーヌ(= ブルー・コメット )

魔法少女育成計画に登場する能力。
宝石のある場所へワープする魔法
継承試験時に得たマーメイドの涙という名前の宝石を使用している。
ブルーコメット時代は何の宝石を使用していたか不明。




能力についての詳細

空間転移

  • 宝石がある場所へテレポートする
    • 距離が離れていても瞬時に空間転移が可能。
 ラズリーヌの魔法は宝石のある座標への瞬間転移。そこに宝石さえあれば、どこに
でもテレポートできる。後詰めのだれかにラズリーヌの所持品である宝石を預けておけば、
瞬時にそちらと合流することができる。
  • どんなに小さな欠片でも移動できる
    • 宝石を砕いて撒くことで多角攻撃が行える。
 ラズリーヌは声を上げず、苦痛の色さえ見せなかった。躊躇なく右手の宝石を握り砕き、
その欠片を撒き散らす。なにをしているのかを理解する前にラズリーヌの姿が消え失せ、メ
ルヴィルの背中が殴られた。肋骨にヒビが入った。腎臓にもダメージがある。後ろに向か
って銛を振るうがラズリーヌはいない。

(中略)

青い宝石の欠片がキラキラと降り注ぐ。その全てが凶器だ。ラズリーヌが宝石の欠片か
ら欠片へテレポートを繰り返し、残像だけがいくつも重なり合う。メルヴィルに反撃の
隙を与えない。

+ ラズリーヌボール

欠点

  • 宝石自体を精製する能力はない
    • 宝石自体はどこかで手に入れる必要がある。


元ネタ

ラピスラズリ(lapis lazuli
青金石を主成分とした宝石。つまりは瑠璃のこと。
ラピスはラテン語で「石」 (Lapis)、ラズリはペルシア語からアラビア語に入った
"lazward"(ラズワルド: 天・空・青などの意でアジュールの語源)が起源で「群青の空の色」を意味している。

テレポート(Teleport
超能力で非連続的な空間を跳躍する空間跳躍のこと。テレポーテーション(Teleportation)ともいう。


関連項目

次のラピス・ラズリーヌの魔法。

関連タグ


リンク